鉄道模型写真資料/茜堂
茜堂-リンクバー

【C62 2号機新旧写真資料=茜堂】
茜堂-鐵路趣味茜堂-C62貨物牽引茜堂-C622細部写真資料茜堂-鐵路趣味

走行上許される、国鉄狭軌の軌道空間の限界いっぱいに造られた、我国最大最強力の、究極の旅客牽引蒸気機関車C62型は、
電気機関車EF58型が、登場した二年後に、最後の蒸気機関車として誕生します。

形式C62型は、新造機関車では無く、D52型の改造車で、
C62 2号機は、小郡機関区所属の戦時簡易設計の、D52 455号機がベースとなり、
昭和23年5月20日、日立製作所笠戸工場で落成。


糸崎機関区に着任後、昭和25年8月には宮原機関区へ移籍され、
整備優良機であった為、特急つばめ号牽引の大役を担う事になります。
その際に、特急装飾の一環として、各所装飾と共に、左右のデフに「つばめ」のマークを、装着する事となります。

茜堂-蒸気機関車つばめ印二号機の歩み

昭和26年に鷹取工場で、冷蔵車レ10000の内装用ステンレス板を使用して、一対の銀色のスワローマークが作成され、取付けられます。

昭和31年11月19日の、東海道本線全線電化に伴い、特急つばめ号牽引の座を、EF58改流線に完全に譲ります。

昭和32年1月20日、鷹取工場にて新製ボイラーを載せ変え、軸重軽減の上、
翌2月に渡道、苗穂工場にて、耐寒仕様の改造を受け、
小樽築港機関区へと、配属されますが、

スワローが、国鉄のマスコットでも有った事が幸いし、マークを付けたままの姿で渡道します。

茜堂-小樽築港C622まりも時代

急行まりも時代の2号機、小樽築港機関区所属、重油タンクの設置以外は、概ね、東海道最終機の原形に近い姿。
茜堂-小樽築港C622ていね時代

急行ていね時代の2号機、小樽築港機関区所属、ランボードには、まだ白線が入っていません。
デフには点検窓が付き、ステップが前端よりデフ下へ移動しています。また、副灯とATS用発電機とATS車上子が、設置されています。
茜堂-小樽築港C622ニセコ時代

小樽築港機関区所属、晩年の2号機、安全弁が磨き込まれ、ランボードには白線が入っています。
経年劣化の為に、空気作用管が少し波打っていて、テンダー側壁は極地での激務でへこみ、炭水隔壁の姿まで表れています。

梅小路機関区へ移籍後は、しばらく北海道時代のイメージを、残していましたが、
徐々に、梅小路仕様へと変化をしていきます。
茜堂-梅小路C622

梅小路機関区所属、回転火粉止め撤去で煙突が低くなり、テンダー後頭部もスリム化された為か、全体的に迫力が欠け、若干小振に見えてしまいます。
耐寒装備が撤去され、波打っていた、作用管も真直ぐに修正されています。

梅小路機関区移籍後の、主だった装備の変化を上げてみますと、

キャブ下や、ランボード上の耐寒装備が外され、通常装備に変えられています。
タブレットキャッチャーが、撤去(後に再装着)されています。
キャブ屋根後部の石炭水まきパイプが、撤去されています。キャブ窓の前方氷柱防護ネットも、撤去されています。
回転火粉止め(クルクルパー)が外され、煙突が低く見えて、シンプルになっています。

大きな変化としては、テンダー後部の重油併熱タンクや、石炭囲みが撤去されています。
特徴的で有った、空気作用管の中央の継手部分の、上下への膨らみが無くなり、無機質な直線となっています。
結構目立たない特徴でも有った、ブレーキ管閉切りコックが、エアホース側に戻っています。

また、正面の印象も少し変わって来ています。実はナンバープレートの、Cの左横のアールがクールな直線に変わっています。
書体が、Cや0等の左右の膨らみを、直線で表している、特徴的な鷹取様式の字体に変更されていて、
北海道時代の馴染みの有る、あのふくよかな優しい書体の、苗穂のオリジナルのナンバープレートでは、有りません。
詳細は最下段 茜堂-C62 2号機の都市伝説噂の世界 を、ご覧下さい。


梅小路運転区になってからは、ロッドの赤差しに加え、ナンバープレートが赤になったりと、装飾的にも華やかになっています。


北海道での、現役時代の急行牽引の歴史を、次に紹介しておきます。

昭和32年2月、急行大雪(1.2.函館〜網走)、函館〜小樽(長万部〜小樽=重連)を担当。
昭和36年10月1日、急行大雪は11.12レとなり、函館〜網走から函館〜札幌となります。
昭和37年10月1日、急行大雪は7両編成となり、単機となる(多客期増結時は重連)。
昭和38年6月1日、急行大雪は急行ライラック(11D.12Dレ)に改称されます。
昭和32年10月1日、急行アカシヤ(3.4.函館〜札幌)、函館〜小樽(長万部〜小樽=重連)を担当。
昭和36年10月1日、急行アカシヤは、急行オホーツク(13D.14Dレ)に改称されます。
昭和32年10月1日、夜行急行まりも(7.8.函館〜根室)、函館〜小樽(長万部〜小樽=重連)を担当。
昭和36年10月1日、急行まりもは17.18レとなり、函館〜根室から函館〜釧路となります。
昭和40年10月1日、急行ていね(105.106.函館〜札幌まりもから昼行急行に分離)、函館〜小樽(長万部〜小樽=重連)を担当。
昭和41年3月5日、夜行急行たるまえ(1217.1216
.昭和43年10月1日に急行すずらんに統合)、函館〜長万部を担当。
昭和43年10月1日、急行ニセコ3.1号(103.104
.函館〜札幌ていねから名称変更)、函館〜小樽(長万部〜小樽=重連)を担当。

晩年は、急行ニセコの山線区間を、重連の先頭に立ち「スワローエンゼル」の愛称で、人気が高まりますが、
これはファンの為の措置では無く、2号機特有の事情からで、
昔から続く、カマの不調に因る保守検収の必要性から、途中迄の長万部止まりを余儀なくされ、その為の先務仕業でした。

昭和46年9月15日を最後に、DD51にその任を譲り、急行の運用から外れます。
その後、普通列車(137.132
)長万部〜小樽の、固定運用に当ります。

廃車後は、左右のどちらかのスワローマークが、鷹取工場へ戻される事となっていましたが、
梅小路機関区での永久保存が決定し、昭和47年8月27日、小樽〜岩見沢での臨時列車牽引を最後に、現役を引退した後、
翌9月には、梅小路機関区へ動態保存の為に、転配されました。

茜堂-梅小路C622白鷺号

白鷺号8942レ待機、姫路第一機関区、6×6版ネガ。
昭和47年11月9日のC62 2号機、梅小路蒸気機関車館開設一ヶ月後に、東海道山陽本線臨時列車白鷺号(8941〜8942レ)を牽引。


茜堂-小樽築港C622まりも時代

小樽築港機関区所属、昭和38年8月の急行まりも時代の函館での、原形に近いC62 2号機とスハフ44です。
出版社タクトワン発行「記録写真C62」109頁に掲載(茜堂管理者所蔵原盤ネガ)。

急行まりも時代のC62 2号機と、急行ニセコ時代の装備の違いが以下のとおり、一目瞭然です。
急行まりも時代には、デフの点検窓、副灯のシールドビーム、ランボードの白線、旋回窓、ATS用発電機等が、有りません

テンダーには勿論ですが、ATS車上子は付いていませんので、テンダー下は結構シンプルな様です。
前ステップが前端梁の正面に付いて、テンダーの増炭囲いが台形で左右が短いようです。
やはり晩年に馴染みが有るだけに、何か物足りなさを感じます。


勿論、16番の模型造りは、晩年の冬装備スノープロー付で、
極限の胴体と狭軌ゆえの、脆弱な前方足廻りとのスケール比を隠すという、個人的に好きな形態を踏破しています。
というか、基本的なスケールの差異を隠す意味合いの方が、強いのが正直な所です。
でも、HOのレールに乗せてしまうと、バレバレですが。


茜堂-梅小路C622吹田展示

梅小路蒸気機関車館所属、吹田でのイベント展示。
昭和61年8月24日の2号機(特急つばめ号のヘッドマーク付き)、横はEF58 66。


非公式側に有る、つばめマーク。
上の画像(急行まりも時代)と、下の画像(梅小路所属)を、見比べると、何となく違うのがお分かりでしょうか。
上のつばめはスマートで、下のつばめは太っている様に見えます。

北海道時代、取り替えられたとの話も有りましたが、別に取り替えられた訳では有りません。
詳細は最下段 茜堂-C62 2号機の都市伝説噂の世界 を、ご覧下さい。



茜堂-梅小路C622ラウンドハウス

昭和48年4月19日、撮影。
梅小路機関区、梅小路蒸気機関車館に集うカマ達

他機のナンバープレートはそのままですが、この時点で既に、C62 2号機の正面のナンバーレートのみが、変更されています。
鷹取タイプに変えられたのは、白鷺号牽引で本線に出る為の、拘りで有ったのだろうと思われます。
同じ北海道出身の、9633号機、C55 1号機、C58 1号機のナンバープレートは、苗穂タイプの侭となっています。

北海道晩年時代の、給水温め器のカバー前中央のへこみは、まだそのまま残されています。

C62 2号機左右には、後の東海道山陽本線での白鷺号のC61 2号機、関西本線の臨客で活躍のD51 1号機が、
C61 2号機の横に駐機する、C58 1号機には、北海道時代には無かった、JNRのマークがデフに付けられています。
後にC57 1号機と共に、山口線で活躍する時に、JNRマークは外されてしまいます。

因みに上記撮影時点では、宗谷本線、留萌本線、羽幌線、深名線、天北線、興浜北線、渚滑線、石北本線、湧網線、相生線、釧網本線、
根室本線、池北線、富良野線、室蘭本線、夕張線、歌志内線、幌内線、札沼線、千歳線、日高本線、函館本線、手宮線、岩内線、胆振線、瀬棚線、

大湊線、五能線、石巻線、陸羽東線、磐越西線、会津線、只見線、日中線、阿仁合線、中央西線、
紀勢本線、参宮線、関西本線、信楽線、七尾線、能登線、越美北線、山陰本線、倉吉線、三江線、伯備線、山口線、

筑豊本線、伊田線、後藤寺線、糸田線、田川線、漆生線、上山田線、宮田線、日田彦山線、香月線、室木線、佐賀線、唐津線、三角線、
矢部線、豊肥本線、高森線、湯前線、日豊本線、細島線、高千穂線、吉都線、山野線、志布志線、大隈線、日南線等、
北から南に掛けて、SL達が以上の74路線にて、まだ
現役で頑張っていました。



【鉄道100年記念切手と乗車券併用入場券=茜堂】


昭和47年には、鉄道100周年の記念切手にC62 2号機が、登場します。
図柄は、特急つばめ号を牽引していた時代の、初期の姿(特急つばめのヘッドマークが付いています)を、表現しています。

他のSL切手の様に、晩年の姿でも構わないので、実写版にしたら、かなりの人気切手になっていたで有ろうに、
当時は期待していたのに、稚拙なイラストに興味半減したのは、筆者だけだろうか。

茜堂-C622記念切手

切手昭和47年10月14日(10月14日は鉄道の日)、20円切手、日本郵便発行。

現行切手に付き斜線画像処理。左の切手は茜堂の手作りです。
比べてみると、イラストの煙突は高くなり過ぎです。まるで回転火の粉止め装着の煙突風です。
ロッドの位置関係が、美しく描かれていませんし、
また、煙室戸がボイラー径に比べて、小さく貧弱に描かれ、C62に見えません。



昭和47年頃には、札幌印刷場の入場券で、乗車券との併用入場券が登場します。
初期の30円併用券は、淡青色地紋で登場し、後に昭和51年11月6日の60円併用券から、淡赤色地紋へと移行します。

茜堂-乗車券併用小樽築港駅30・80円入場券

入場券小樽築港駅発行、北海道特有の乗車券併用の30円入場券(淡青色地紋)、80円入場券(淡赤色地紋)。

茜堂-小樽築港駅30円入場券

入場券小樽築港駅発行、乗車券併用以前の30円普通入場券(白券)。



【小樽築港機関区立入証と赤線入場券=茜堂】

茜堂-小樽築港機関区立入証
当時、小樽駅で知り合ったメンバー達と、
お菓子を持って訪れましたら、
他の機関区では願書は発行していないので、
記念に記入して行けばとの事で、
私が代表して記入しました。

小樽築港機関区の撮影、見学、録音等の承認願い。
当時の小樽築港機関区は、結構フリーパスでしたが、詰所に伺うとB6サイズの許可証(二枚複写の上面)が、頂けました。
機関区内では、フィルムの購入も可能で、お茶を頂いた事も有りました。

小樽築港機関区と小樽築港機関区長のゴム印と、区長の印鑑が押印されています。
今では、懐かしい良い記念物となっています。

茜堂-小樽築港赤線入場券10・流用20円券

入場券小樽築港駅発行、赤線10円入場券と、珍しい赤線券流用の20円入場券、
共に窓口発行の北海道特有の、化粧ボール使用の純白の券です。



【C62 2号機の急行時代と晩年の写真資料=茜堂】


茜堂-小樽築港C622雪の小樽駅
札幌からED76に牽かれた、上り急行ニセコ104列車は、
10時39分に1番ホームに到着します。
小樽駅では、6分間の停車中に牽引機の入換えが終わり、
定刻10時45分に、C62重連は長万部へ向け発車。

その後、急行ニセコは昭和61年10月末をもって、廃止されました。
茜堂-小樽築港C622三つ目
茜堂-小樽築港C622

左の写真小樽築港機関区所属、小樽駅での2号機、本務機は15号機です。
右の写真小樽築港機関区所属、出区線の三つ目装備の2号機です。
急行ていね時代の三つ目装備、ランボードに白線が有りません。


下の写真小樽築港機関区所属、急行ニセコ引退後の夜間臨客仕業、炭庫線にて石炭補給待機中の2号機です。


茜堂-小樽築港C622

後部は、舟底テンダーの船底とエンドビームで、安定感は十分ですが、
正面は、車輪が露出している為、特に実車ではメーターゲージに対して、本体が大きすぎて、左右に対してやや不安定感が残ります。
やはりC62は、実機も前方足回りが隠れるスノープロウ付が、パワフルで精悍な感じがしていいですね。

急行ニセコ牽引終焉まぎわに、往復2種類のヘッドマークが、一時付けられます。
給水温め器のカバー前中央のへこみが、その時設置されたヘッドマーク受けの撤去痕です。梅小路移設後に修復されています。

茜堂-小樽築港C622煙室

小樽築港機関区ラウンドハウス内の、2号機の煙室内部。
加熱式蒸機の煙室内部の中央横前方に有るのが、煙室戸カンヌキ受け、
下には、吐出管に続く整風器(ブロアー)
、上にペチコート受け(火の粉止めの網は撤去)、横の太いパイプがシリンダーに続く主蒸気管。

茜堂-小樽築港C622スワロー

風雪に耐え抜いた痕が、デフに刻まれています。
煙室戸を開いてみると、除煙板のスワローマークと、ナンバープレートの位置関係が良く分ります。

煙室戸の開放画像は、許可を得て開いて頂いた画像です。

正面のナンバープレートは、カマのスピードと先務機頻度が多い為、
叩き付けられる雨や雪と、アイドル機故の清掃磨き出しにより、肉厚が薄くなり、外圧の為に中央部分がやや裏側へ反っています。
それ故に、C62 2号機の正面プレートは、道内でも、何度か取替えられている様です。



【C62 2号機のナンバープレート=茜堂】


以下の、丸みを帯びたふくよかな、茜堂所蔵の苗穂字体のC62 2号機のナンバープレートを、手持ちの資料で、検証してみました。
造りは、定石通りの砲金製で、ずしりと重く、7.5kg程有ります。

茜堂-C622ナンバープレート表

現役時代に小樽築港機関区で採取した、C62 2号機のプレート拓本と現物合わせで、検証致しましたら、
何と驚く事に、プレートサイズや文字はおろか、左上角の削り込み過ぎ等を含め、ボルト穴以外は、隅々まで寸分違わず一致しました。
実機装着時にはボルトの穴は、所属機関区にて、調整拡張される事となりますので、穴に関しては無視を致します。

実装品のフレームに関しては、経年劣化や幾度かの装着で、若干の変形摩耗は否めないが、それらの誤差は範囲内とする。
掲載プレートは、カメラ撮影時の、歪み修正を施しています。

茜堂-C622ナンバープレート裏

裏面には、苗穂工場特有のボルト穴の補強が、四隅に施されており、
画像では、若干分かり辛いですが「工作局のカマダさん依頼品」のチョーキングも、実物ではしっかりと見て取れます。
因に、工作局は、昭和60年3月20日に、国鉄の組織改正で車両局に統合されています。

故に、昭和60年3月20日以前に、国鉄苗穂工場で鋳造された事が推測されます。


茜堂-C622とC623のプレート拓本

小樽築港機関区ラウンドハウス内にて、職員さん協力の元に採取したプレート拓本、2号機は特殊な皿ネジで、ベースと面一のフラット。
隣に居た同じ1桁番号の、C62 3号機のプレート拓本もご披露致します。
3号機は、頭が円形の特殊ボルト。共に盗難防止用の特殊なボルトが、採用されています。



茜堂-c622画像照合

拓本画像とプレート画像を、重ね合わせて照合をしてみた。
プレート画像は撮影時の歪み等の、ディストーション修正をしているので、正確では無いが、
細部を見渡しても、概ね、一致している。


以上の事から、渡道時に鷹取式のプレートから、苗穂式のプレートへの取り替え時に、
苗穂工場で作られた、オリジナルの木型から、鋳造された物の内の1枚で、予備プレートだと判断致します。
昭和40年初期に作られた、小樽築港機関区内の、動輪モニュメントの台座のプレートにも、予備プレートの1枚が使われています。



【C62 2号機の都市伝説噂の世界=茜堂】


機関区内のモニュメントには、C62 44号機の第二動輪が、備え付けられています。
C62 2号機の廃車直近には、非公式側のつばめマークは、鷹取工場へ、公式側のつばめマークは、当台座へと納められる予定でしたが、
動態保存機として存続の為、台座には、公式側のつばめマークのレプリカが、貼付けられています。

当時の職員さんの話では、どうしてもC62 2号機の本物の足跡を、残したいとの希望で、
反対側には、C62 2号機の非公式側キャブのナンバープレートが、移設されているとの事でしたが、真贋の程は定かでは有りません。

小樽築港機関区は、昭和62年3月1日に小樽運転区に、翌4月1日に小樽運転所に改称されました。
平成9年12月1日には小樽駅構内へ移転し、同モニュメントも移設されています。
以前は、動輪の向きが本線と平行でしたが、移設後は何故だか、本線と対向している様です。

写真は、小樽築港機関区時代のモニュメント。

茜堂-小樽築港機関区モニュメント


C62 2号機のナンバープレートは、渡道時にオリジナルのスリムなC字から、豊満なC字へと付け替えられています。
現在の梅小路在籍中の、C622号機の正面プレートは、北海道時代のプレートでは有りません。
渡道前のオリジナル、鷹取様式のスリムなC字に、再度戻されている様です。

目立たないこだわりが、機関区同士で有るのでしょうが、
今まで使用していた、C62 2号機の複数のナンバープレートは、どこへ行ったのでしょうか。
密かに、保管されているのでしょうか、それとも再生に廻されたのでしょうか。
どこかで、眠っている事を茜堂は、信じて止みません。


こちらも当時、職員さんから聞いた話ですが、非公式側のスワローの下側の尾っぽが、少し短くて先端が尖っていないのは、
すり替えられた物では無く、
実は、急行ニセコ終焉期に、盗難に有ったそうで、
タガネの様な物で、上から打込まれ、3.5センチ程切取られているからだそうです。
恐らく、音の響く庫内では無く、先務機での長万部
夜間駐留時に、凶行に及んだのでは無いでしょうか。

茜堂-C622スワロー公式側拓本

茜堂-C622スワロー非公式側拓本

小樽築港機関区ラウンドハウス内にて、職員さん協力の元、C62 2号機のシンダ(煤)で拓本した、晩年期のスワローマーク。
周囲に有る、イボの様な物は点溶接の痕で、頭の部分は非公式側が整っています。
非公式側マークの尾の部分にある、丸枠内が欠損している部分です。
以前のスマートさが無くなった、原因となっています。

スワローマークが、特殊な鋼材で出来ている事と、
オリジナル性を尊重する意図も有り、修復はなされていません。

ここら辺りが、職員の手によりマークを複製し、新品と密かに交換したとの、庫伝説が生まれたのかも知れません。
本当だとしたら、スワローマーク横領事件です。
どうも、昔の方々も都市伝説と言うか、庫伝説を作るのがお好きだった様です。

マークの型取りは、何度か行っているのは事実です。
一時期、デフに楕円の型取り痕が残り、2〜3週間跡が消えなかった事も有った位ですから。


噂のつばめマーク12号機も、12号機では無く、2号機の事かも知れません。
こちらは論証も無く、有名な庫伝説となっています。

茜堂-小樽築港C622

本線への入線を控え、出区線へと向かうC62 2号機、小樽築港機関区。

茜堂C62 2号機細部写真資料のページを増設しました。各アングルから見た二号機の配管や、各種部位などの詳細写真を掲載しています。
また、C62 3号機の珍しい貨物牽引のページも増設し、写真や解説を掲載しています。
それぞれ、以下のリンクバーから、ご覧頂けます。




当ページの掲載写真は、茜堂による原盤ネガ及び現品からの画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
上記解説に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
茜堂-リンクバー
茜堂-鐵路趣味茜堂-C62貨物牽引茜堂-C622細部写真資料茜堂-鐵路趣味