私の趣味の起源と進化の過程/茜堂
茜堂-リンクバー

神戸発〜京都経由〜福岡着=茜堂
茜堂-鐵路趣味茜堂-幻の国鉄筑前芦屋駅茜堂-鉄道の質問・回答茜堂-鉄道親爺の脱線話-1茜堂-広告・C5833茜堂-鐵路趣味

茜堂の筆者は、零歳から芸術系の大学卒業時まで、神戸の実家で過ごしておりました。
勿論、戦後生まれですので、戦前の切符など、本来知る由もご在ませんが、
ご覧頂きます古い切符類の大半は、社会人になってから、地道にコツコツと収集したものです。
   
幼い頃から、鉄道大好き小僧でしたので、小学校の頃には、親の田舎(鹿児島県甑島)まで、
ハーフカメラを小脇に抱え、夏休みの一人旅などに果敢(無謀)に、チャレンジをしていました。

昭和39年の夏休みからは、急行「しろやま」のハネが、私のお気に入りの御用達列車でした。(一度地獄の霧島にも乗車)
   


茜堂-しろやま愛称板
急行しろやまは、
昭和38年10月1日に、大阪〜西鹿児島間の、
夜行急行(2201列車、2202列車)として、誕生します。

当時の編成は、ハネ3両を含む12両編成。
1号車から9号車迄が、大阪〜西鹿児島間となり、
10号車から12号車迄は、大阪〜八代間の運用でした。

翌年からは、編成にロネ1両が追加されました。
昭和47年3月15日、屋久島へ改称。
最後は、オロネ10、スロ54を含む、12両編成でした。

学生時代は、旅費稼ぎに将来の仕事に関連する、アルバイトに明け暮れ、社会人になってからは、独り京都に居を移し、
親の束縛から解き放たれ、更に、趣味の活動範囲は、野方図に拡大するのでした。
   

旅鉄撮影、録音、切符収集、部品収集、模型等、華の鉄ちゃん道まっしぐら。
広告関係の仕事柄、機材は6×7、4×5(勿論、会社の無断目的外使用)に、伝助(こちらは自前)等々。
配属部署は、嬉しい事に全国行脚の出張が多く、嫌がる先輩方を知り目に、駅弁片手に少し過剰装備で、嬉々として飛び回っておりました。
   

旅費も経費も現像も会社持ちで、おまけに、お小遣い(出張費)まで頂いて。とっても幸せで、大らかな良き時代(会社)でした。
残念な事は、遠方地では往復が、飛行機で有った事位で、現地では結構な自由時間を捻出し、鉄を楽しんでいました。
   

現在では、お陰様で独立致しまして、福岡の 筑前大分 に居を構え、沖縄のお仕事をメインに、
可愛い二人の子供と奥さんと、愛犬2匹と愛猫1匹に、面倒を見て貰い乍らの、お散歩三昧。
陽君は足長コーギー、空君はポメラニアン、星君はニ代目キジ猫、長女は京都、長男は東京、卒業しても戻っては来ない。
   

お家のローンと、日夜「泡盛」を、飲みながら闘っておりましたが、
奮闘の末、平成24年5月11日大安吉日の午前11時に、残り7年の住宅ローンを一括繰上返済し、ようやく完了
撮影時に
苦楽を共にした、戦友達を紹介します、私の大切なカメラバックです。
   


茜堂-カメラバック

ある時は、新兵訓練所の流れ弾の下で、背中に背負い、恐怖の列車待ちをしてみたり、
陸軍の野営近くでのロケハンでは、いけない物を見てしまったのか、二人乗りの、迷彩色のジープで追い掛けられたり、
とある機関区では、銃を小脇に抱えた軍人に、一時拘束もされました。
   

一番恐かったのは、カメラを向けた走行列車が軍用だった時で、見張車輌から機銃を向けられ、この時ばかりは目前が真っ暗になりました。
野宿においては、椅子に化けたり、テーブルになったり、枕の変わりをして頂いたり、とても便利な相棒です。
はたまた、山奥では熊と出会ったり、大きな鴉に囲まれたり、農家のオバサンに、ショットガンを突き付けられたり。
   

お陰様で、私は有能なスパイでも有りませんし、無慈悲な盗賊でもございませんでしたので、ハッピーにも、事も無きを終えましたが、
楽しくもスリリングで危険な思い出が、この箱には、目一杯詰まっています。
勿論、彼の国々でのお話です………。



鉄路趣味の懐かしの録音機材=茜堂

蒸機現役時代の、初期録音機器デンスケは、大振りな機材でしたが、満を持してカセットデンスケが登場。
ややコンパクトになり、写真機材と一緒に行動が可能でしたが、
それでも結構な重量が有り、肩に掛けて収録すると、その夜は肩が凝ってしまい大変でした。
   


茜堂-録音機
上から、
WALKMAN PROFESSIONAL WM-D6、SONY製。
TC-2890SD、SONY製。
   
ハンドマイクは、
ECM-270の単一指向性をRLで2本、SONY製。

鉄道音用の録音機器、SONYカセットデンスケ。
最初は、シルバーボディの、TC-2850SDを登用、こちらは半年余りで同僚に売却し、
ブラックボディの優れもの、TC-2890SDにチェンジUP。
   

上に乗っかっているのが、可成り後に発売された、ウォークマンプロフェッショナルWM-D6、コンパクトながらモンスター機。
そのコンパクトなお手軽ボディー機は、海外での収録に大活躍してくれました。
現在、ちょい録ではポケットに入る、ソニーのMZN1Sが活躍しています。



鉄路趣味の現役と動態保存の写真機材=茜堂

蒸機現役時代の、パチカメ達を紹介します。
雨の日も、雪の日も、ピーカンの日も、頑張って画像を綴ってくれた、動態保存機達です。
モードラも稼働し、シャッターも大きな狂いは無く、露出計も元気です。

茜堂-カメラNikon500mmレフレックス 茜堂-カメラNikon500mmレフレックス レフレックスニコン500mmF8は、レンズ構成に二枚の反射鏡を備えた、
カタディオプトリック系のレンズです。
   
全長が非常に短く(画像はフード装着時)軽量の為、
手持ち撮影も可能、レンズ面のコーティングによリ、
ゴーストやフレアー等のストレスも無く、程良いコントラストが得られます。
   
絞りはF8の固定絞りの為、
被写体深度が深く切れの良い画像を、提供してくれます。
ボケは構造上、リング状の洒落た物になる。

本機の500mmレフレックスは、構造上の特性から可愛いリングボケを醸し出し、幻想的なポイントが表現出来るので、重宝致します。
レンズの上に、ちょこんと乗ってるのは、タイムスリップグリコ第2段の、シークレットのミニュチュアです
   

社会人となって、最初にバケペンと呼ばれていた。アサヒペンタックス6×7を購入、35ミリ一眼レフを、拡大した様なカメラで、
使い勝手が良く結構鉄道シーンでは活躍してくれましたが、その後、マミヤ6×7と、マミヤ6×9を購入。
やはり手持ちは35のモードラで、三脚はマミヤ兄弟かシノゴが占め、結局2年後には、カメラバックから、自然淘汰されてしまいました。
   

今ではデジカメ主体で、余り撮影現場に出て来る事は有りませんが、共に、SL時代の映像を刻んでくれた、私の愛機達です。
最初は、キヤノンF1サーボにモードラと、EFで固めていたのですが、当時の会社や先輩諸氏も、ニコンだったのでニコンへと鞍替え、
でもキャノンFDレンズは、やはり世界一でした。
   


茜堂-カメラ集合
茜堂-カメラNikon
D80、画像を見ても金属感は皆無です。
どことなくプラモデル風。
でも機能は比類無き強者です。
   
プラ製だが、金属的なスチールブルーに変身。

最近では、ちょい旅撮影には今様コンデジか、TPOに応じてデジ一を採用。
デジ一は、ニコンのD80、ボディーもレンズもプラ多用なので、従来の金属カメラと比べると、若干重厚さには欠けますが、
何より軽いので楽です。歳には勝てません。
   

我家には、ハスキーやジッツォ等、重量級の三脚が三本ありますが、最近では日中の撮影では、全く使用しません。
自前の移動式二脚と、腰から上の、スーパーテクニカルマルチ雲台のみです。
珠に、場所取り等で混む場合には、車でお邪魔し、皆さんの頭越しに、大きな脚立を立てて撮影をしています。
   

三脚を卒業しますと、場所の制約も無く、臨機応変にシュートが出来ますので、
チャンスのヒット率も格段に向上します。尚、脚立の使用に際しては、自分の身の危険を伴うと共に、
第三者に、迷惑が掛かる場合が有りますので、くれぐれも線路の近くや、危険な場所での使用はお控え下さい。
   

茜堂-カメラNikon
長玉ズームの割には、実にコンパクト。
重量は少し重いが、
気になる程の、重さでは無い。
   
話しは変わるが、黒の色合いが良く撮れてるね、
スタジオライトが効いている。

お気に入りのレンズは、AF-S DX NIKKOR 18-300mm F/3.5-5.6G ED VRです。少し重いがコンパクトに纏まった、中々の優れものです。
広角は18mmから、望遠は300mm迄をカバーしてくれる、重宝なレンズで、これ1本有れば鬼に金棒です。
   

レンズ前群に、強力なフレアカッター内蔵なので、約16.7倍と言うズーム比の割りには、描写力が比較的安定しています。
手ぶれ補正機能も付いていて、満月を手持ちの300mmでシュートしたが、円周のクレーター迄しっかりと、画像に切取られています。



鉄路趣味の大判フィルムの魅力=茜堂

機動力重視のカメラとは違い、余裕を持って撮影を楽しむカメラ、それが4×5、贅沢にも蒸機現役時代に投入した。
フィルムサイズが、6×7、6×9とは違い、格段にフィルムサイズが大きい為、引き伸すとSLのリベットまで優々拝める。
数字的には、4×5と小さいが、これはインチサイズで、フィルムの膜面が何と102×127mmも有る。
   

勿論、こればかりは三脚が必須、蛇腹でシフト等の煽りが効くので、ピントやレイアウトには自由が生まれる。
欠点は、機材が重くて撮影準備に多少時間を要する、そして絵切りでは一発必中を余儀なくされる。
停車時では、カットホルダーを交換さえすれば、複数カットは可能だが、その意味合いと必要性は、微塵も感じられない。
   

撮影時にはピントグラスは、カットホルダーで封印されるので、両目で前方を睨み、
カマの息吹を全身で感じ取り、バミった位置へカマが来る迄、息を殺し、レリーズボタンに掛かる、右手親指に全神経を集中する。
一瞬の勝負が全てを決める、勝ったか負けたかは、瞬時に分る。そしてそれは帰宅後の現像で、確信に変わる。
   

この緊張感が、4×5カメラの醍醐味だとしておこう。
風景写真では、ポラを切り、複数度のレベル変更撮りや再撮が可能だが、鉄道撮影は、そうはいかない。
真剣勝負を余儀なくされる、剣客になったかの様な気分が味わえる。
   


カットホルダー、
フィルムサイズは、4×5、
シノゴサイズと、呼んでいます。

フィルムは厚手のカットフィルムを、カットホルダーに、ノッチを頼りに暗室で装填する。
このカットホルダーには、裏表で都合2枚のカットフィルムが装填できる。
複数枚装填出来るチェンバー付ホルダーも有ったが、出先でジャムると大変なので、信頼度が高い原始的な2枚ホルダーを愛用。
   

旅先での撮影では、カットホルダーの保管が最重要視されるのは、言うまでもない。
勿論、旅先で補充する為に、予備のカットフィルムとダークバッグも、決して忘れてはならない。現地調達は、ほぼ不可能であるから。
   

二重写しでもしたら、全てが水の泡となり、脳内での妄想カットが走馬灯状態となってしまう。
撮影後は、しっかりフックを掛け、用心の為、スライドとホルダーに掛かる様に、文具用の赤丸ステッカーを貼っていた。



鉄路趣味の懐かしの動画機材=茜堂

蒸機現役時代の動画機材を紹介します。
当時は動画と言えば、当然フィルム。アマチュアの本命は、8ミリフィルムが主流でした。
瞬間を切取るスチールも秀逸ですが、動きの有る画像も音響と相まって、結構楽しめるアイテムです。
   


茜堂-8ミリ映像映写機 茜堂-8ミリ映像映写機 茜堂-8ミリ映像映写機
映写機は、ELMO ST-160 M.O、
スーパー8と、シングル8のフィルム対応。
音声は、サイレントと、磁気式と光学式の3方式。
カメラは、ELMO SUPER 8 SOUND、
2600AF MACROです。

フィルムのリールは、付属品として後部に一つのみだが、一つあれば十分だからです。何故ならば、映像を切り取ったフィルムには、
リールが付いて来るからです。編集用に、別途購入したケース付きの、大きなリールが、繋いだだけの未編集のフィルムを抱き、
キャビネットには、可成りの本数が貯まってしまいました。これを、整理するのは結構大変です。
   
最初のムービーカメラは、ELMO SUPER 8 SOUND、 2600AF MACROでした。
蒸機終焉後には、ベータテープを使用の、超重たいポータブルビデオSL-FIを肩に掛け、SONYのHVC-F1に移行。
暫くムービーはブランクが有り、あそBOYがデビューする頃には、SONYの8ミリビデオに移行。
   

初代の8ミリビデオはCCD-TR55、二代目は知る人ぞ知る、いけない機能温存のCCD-TRV425を経て、三代目のHDR-UX1で打ち止め中。
旅の裏方さんも、次に紹介しておきます。



撮影行の重いで(思い出)の頼もしい相棒=茜堂

両手をフリーにしておくには、この道具しか有りません。
写真機材や録音機材に映写機材、そして寝袋と時刻表と生活用具等一式を、この背負子が面倒を見てくれます。
但し、背負子を含むそれら一式の面倒を、最終的に見るのは、鎖骨と肩甲骨(健康な骨)と骨盤に、二本の足ですが。
   

ギシギシと音を立て、肩に食い込む様な重量物を、結わえ付けて前屈みで運びます。
若くてタフな頃だから可能な、難行苦行です。只今の筆者なら、確実に腰に来てしまいます。
   


茜堂-背負子
撮影と録音を、同時収録の場合には、
録音マイクを、左右の上端にクリップし、
録り流します。
   
勿論、その場合は、撮影が優先の時です。
暗くなって来てからが、音も澄み、
録音の独り舞台となります。
カーゴタッグが、沢山ぶら下がっていますが、
勿論、全部をつけたまま、
移動している訳では、有りません。
   
現在は静態保存中で、
旅の記念品として、この様な姿になっています。
恐らく、私の背中での復活はないでしょう。

銀箱2個と三脚2本に、最低限の野営道具、旅の必需品の全アイテムを背中に背負い、西から東、北から南へと、大活躍をしてくれました。
SLの晩年期には、当時話題の十勝赤ワインを買えるだけ買って、勿論、金額では無く、生身の人間が背負える本数を、
旅の土産に奮発した事も有り、この時ばかりは、お仲間達にも大変喜ばれました。
   

このアルミ製の厳つい背負子(しょいこ)は、昭和45年に投入された物で、現場で10年程活躍し、現在は現役を引退しています。
この背負子には、国家的な驚くべき、秘密兵器が施されています。
足元には、オリジナルの特製着脱式キャスターを搭載し、肩から外した時には、キャリーに大変身します。
   

可成りの重量に耐える様に、鉄工所で製作して頂いた、超オリジナルアイデアキャスター(特許は取っておりません)です。
そして横棒トップには、左右に布製ガムテープを巻いています。撮影現場のバミリ用ではありません。
キャリー時のハンドフィットと、録音コードや長尺レリーズ等を固定する為の、接着テープのストックです。有ると結構重宝します。




仕事と鉄路趣味の使い分けをしていないPC機材=茜堂

我家で、太陽とお星さんに一番近い所に位置する、仕事場兼、茜堂のホビールームに、メインのPC、Mac軍団が頑張っています。
お仕事関連より、お遊び関連が充実していて、他のお部屋と異なる点は冬涼しく、夏暖かい、とても自然環境に近い、PCには酷なお部屋です。
勿論、夏場の日中は人間様よりパソコンの為にだけ、エヤコン全開です。朝夕は結構涼しいですが。
   

我家は飲酒禁煙なので、PCのフィルターにも汚れが有りません。その点ではPCに優しい環境だと言えます。
正面のブラインドと雨戸を全開にすると、見晴らしの良い(緑の含有量が98%以上の超田舎)、広めのルーフバルコニーが有り、
冬は日向ボッコ、夏は甲羅干し、そしてお酒や食事をしながら、三郡山のパノラマが楽しめます。
   


茜堂-PCルーム

茜堂のMac、WIN両雄共存のPC機材一覧。

Mac/メイン使用機種
Mac Pro(2.26GHz Quad-Core Intel Xeon HDD+外2) OS10.6.8(10B504) Darwin10.0.0 Cinema HD Display 30inch Flat
Power Mac G5(Dual 1.8GHz HDD×内2+外1) OS10.5.7(9G55) Darwin9.6.0=機材整理。
iPhone6Plus MGAH2J/A iOS9.2(13C75) 64GB

Mac/サブ使用機種
Mac Book Pro(2.4GHz Intel Core 2 Duo) OS10.11.2 Darwin10.0.0 Display 13.3inch Flat
Power Mac G4(733M
Hz改) OS10.4.3(8F46) Darwin8.3.0 Studio Display 17inch Flat=休眠中=分解整理。
Power Mac G4(400MHz HDD×内2) OS9.2.2 Studio Display 17inch CRT=休眠中=静態保存。
iMac G3(600MHz) OS9.2.2×2台=休眠中=分解整理。
Power Mac 7500/100(100MHz MAX Powr G3改) OS8.6.1 Maltiscan Display RS-A770N 17inch=休眠中=静態保存。

WIN/メイン使用機種
Microsoft Surface Pro4 Intel Core M Processor 128GB 4GB RAM Windows 10 Display PixelSense 12.3inch Flat
NEC LaVie S LS150/FS6W PC-LS150FS6W (2.10GHz)Windows 7 Display 15inch Flat=休眠中=静態保存。
Dynabook TX/66GBL(2.26GHz) Windows Vista Display 15inch Flat

WIN/サブ使用機種
SONY VAIO PCV-L350/BP(600MHz) Display 15inch TFT Windows 98×2台=休眠中=分解整理。
   

兼ねてからメインで使用の、Power Mac G5(Dual 1.8GHz HDD×内2+外1) OS10.5.7(9G55) Darwin9.6.0は、
クラシック環境が、使用可能な貴重な最終機でしたが、後のOSレパードとの相性が悪かったのか、
信じられない事に、マザーボードを三ヶ月間で二回変え、グラフィックボードやファン等、総替えで中身が、ほぼ新品状態に大変身。
   
然し乍ら、その後も不具合が多々発生し、以降も修理対象保証期間内に、度重なる修理を経るが、
メーカーさんもスプーンを投げ、結果惜しくもリタイヤ、合掌です




閲覧の為の推奨ブラウザ=茜堂

茜堂のホームページはSafariを推奨し、標準フォントはヒラギノ角ゴ(pro)を基準として、レイアウトされています。
   

一部の画像は、Internet Explorerを使用していた時に、実色に近付かせる目的で、濃度を高めた画像が含まれ、
後の正常濃度の画像と混在している為、Safariではノーマルとアンダー画像が、
Internet Explorer、Firefoxではノーマルとオーバー画像が混在しています。
   

基本的にSafariでは、Photoshop画像と同色で表現されますが、Internet Explorer、Firefoxについては、オーバー気味に表現され、
Webセーフ色に減色される為、彩度も押さえ気味に表現されます。
補足します。最新バージョンでは、Firefox、Google Chrome、両ブラウザに於いて写真画像は、ほぼ適正化されています。
   

尚、カラーベタ面では、Firefoxが、やや濃目に、Google Chromeが、やや薄目に表現されています。
Internet Explorer、Windows版Firefoxでは、それぞれの文章のブロック下側に、過分な空きが生じる場合がございます。
また、Firefoxや、Google Chromeでは、一部の分割画像が僅か乍ら、上下にずれる場合がございます。
   

切符のページの硬券切抜き画像は、
画面解像度のサイズ2560×1600(Wide Quad-XGA、総画素数4096000)設定のモニター上にて、原寸表示されます。



昔は大らかだった切符集め=茜堂

昔は切符収集も、大らかな時代(はてさて何時の時代やら)が、有りました。
旅先や、地元の大きな駅でも駅員さんに直接、回収済み硬券ををおねだりすると、貴重で希少な切符をチョイスして、数枚は頂いていました。
   

今では、概ね考えられません。地方の小さな駅でも、全部はプレゼント出来ないよ(当然です)と、
珠玉の逸品を頂いたりと、とても良い時代が有りました。
   

茜堂-切符集合
画像は文書とは、直接関係ありません。切符が楽しく踊っているイメージ画像です。

当時、使用済み切符を集めて、払い戻し機能を悪用した、今で言うホームレスさんが複数人検挙され、
国鉄本社から、各駅に回収切符の統制が厳しく引かれました。
その煽りを受け、国鉄からの指導の元に、古切符類を扱わなくなった古物商も居た位ですから、切符収集ファンの冬の時代も有りました。
   

その後、不正事案も落ち着き、純粋な鉄道切符ファンで有る事が分かれば、そこは遠方からわざわざ(本当は旅のついでに)来た、
切符ファンの為、魚心有れば水心で、一肌も二肌も脱いでくれた、心優しき鉄道マン(同士)が居られた事も、事実として記しておきます。
当方としても、珍しい切符が無いかと、出札窓口で、お薦め切符を購入したりもしましたので、有る程度は、貢献出来たのかもしれません。
   

貴重な切符等は、旅先で知合った旅行好きのお年寄りさん等が、旅の副産物として昔から集めらている事も有り、
気軽に旅談義をすると、茶飲み話の後、思わぬ収穫が有ったりもします。
色々な方々に、趣味は切符収集だと言う事を、随時アピールするだけで、損得の無い善意の切符収集も夢では有りません。



還暦メモリアル=茜堂

文化の日を前に、目出たく祝える歳を迎えたが、赤いチャンチャンコ等は恥ずかしいので、当然拒否。
私流還暦祝いは、明治券の赤乗車券、明治の赤地白斜1条の流用入場券、D51167の赤ナンバープレートの、赤揃い3点で進行。

     

茜堂-赤ベタ乗車券(表)
茜堂-赤ベタ乗車券(裏)

明治36年5月1日、大坂(大阪=かさほお)〜兵庫(ごうやひ)、三等、金参拾六銭、右書表示、裏面英文表記、逓信省鉄道作業局。

明治36年5月1日、大坂(大阪)〜兵庫の乗車券は、薄い染め和紙(麻紙)による、ボール紙への両面貼り合わせ切符で、
官営鉄道の神戸駅へ乗入れをしていた、山陽鉄道(後の山陽本線)兵庫駅への、連絡片道乗車券となります。(茜堂-故郷沿線の乗車編にも掲載)

   


茜堂-赤ベタ流用入場券(表) 茜堂-赤ベタ流用入場券(裏)

大正6年6月14日、大阪驛入場券、金貳銭、三等急行明治券(二地帯制、百五拾哩)の流用券、内閣鉄道院。

右書表示の入場券は、明治時代の三等急行券(二地帯制の百五拾哩券)を、流用した物です。
従来の明治券の三枚貼合では無く、マット調の鮮やかな赤色で、両面印刷されています。
(茜堂-故郷沿線の異彩記念編にも掲載)
   


茜堂-赤ナンバープレートD51167

昭和13年=日本車両製造、盛岡、旭川、遠軽、D51167(ギースルーエジェクタ化)、赤ナンバー、砲金製、昭和49年=遠軽廃車。

鉄ちゃんの私にとって、無用な祝着、大黒頭巾、祝扇の三点セットより、
些か値の張る、鉄グッズ三点の方が、人生の節目として、そして紀念のお品として、有意義で、且つ満足するアイテムなのです。
   

明治から大正に掛けての、時代を形造る硬券。ナンバープレートの裏面には、幾年月の齢を重ねる様な、真っ黒な煤が張り付いています。
お祝儀の全てが、小生のメモリアルの一部として、生まれ代わると共に、終生傍らに置き、末永いお付合いとなる。
まずはここにて、お祝いの品をご披露させて頂きます。




当ウェブサイトに於ける著作権の見解=茜堂

広告代理店業務の関係上、撮影、制作等の著作権問題は、避けては通れない道で、ガイダンスとしてここに紐解かせて頂きます。

明治32年3月4日、法律第39号として著作権法が確立されます。これが、現在で言う所の、旧著作権法です。
昭和45年5月6日、法律第48号として著作権法が制定されます。これが、現在で言う所の、新著作権法です。
   

以降、幾多の改正を経て、現行の著作権法では、次の様に定められています。
最終改定、平成21年7月10日、法律第73号。

   

著作権法、
第2章、著作者の権利、
第4節、保護期間(第51条〜第58条)、
以下、第54条〜第58条は、割愛させて頂きます。
(保護期間の原則)、著作権法、
第51条第1項、
著作権の存続期間は、著作物の創作の時に始まる。

第51条第2項、著作権は、この節に別段の定めがある場合を除き、著作者の死後(共同著作物にあつては、最終に死亡した著作者の死後。
次条第一項において同じ。)五十年を経過するまでの間、存続する。
   

(無名又は変名の著作物の保護期間)
第52条第1項、
無名又は変名の著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年を経過するまでの間、存続する。
但し、その存続期間の満了前に、その著作者の死後五十年を、経過していると認められる、無名又は変名の著作物の著作権は、
その著作者の死後五十年を、経過したと認められる時において、消滅したものとする。

第52条第2項、前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する時は、適用しない。
(1. 変名の著作物における、著作者の変名が、その者のものとして周知のものである時。
(2. 前項の期間内に第75条第1項の実名の登録が有った時。
(3. 著作者が前項の期間内に、その実名又は周知の変名を著作者名として表示して、その著作物を公表した時。
   

(団体名義の著作物の保護期間)、
第53条第1項、
法人その他の団体が、著作の名義を有する著作物の著作権は、その著作物の公表後五十年(その著作物が、
その創作後五十年以内に、公表され無かった時は、その創作後五十年)を、経過するまでの間、存続する。

第53条第2項、前項の規定は、法人その他の団体が、著作の名義を有する著作物の著作者である、個人が同項の期間内に、
その実名又は周知の変名を、著作者名として表示して、その著作物を公表したときは、適用しない。

第53条第3項、第15条第2項の規定により、法人その他の団体が著作者で有る、著作物の著作権の存続期間に関しては、
第1項の著作物に該当する、著作物以外の著作物についても、当該団体が著作の名義を有するものとみなして、同項の規定を適用する。


   

現行の著作権法では、昭和32年以降に撮影された写真に付きましては、著作者の死後50年間迄を著作権保護期間と定めています。
著作者が、死亡している場合は、著作権を継承する者が、著作権所有者となります。
昭和45年の法改正の時点では、昭和32年度以降の著作物では、旧著作権法での著作権は失効されていなかった為、
新著作権法の保護下に入っています。
   

尚、昭和31年度末迄に撮影された写真は、公表の有無に関わらず昭和44年度末には、著作権の保護期間が終了しております。
これは、旧著作権法の該当期間に当たる物で、よって、写真を複製し使用するのに、現在の所、制限は有りません。
但し、古い写真を今日修正した写真、絵葉書等の画像を、勝手に複製使用は出来ません。
何故ならば、修正画像についての著作権が、新たに付加されているからで、使用にあたっては、十分な注意が必要となって参ります。
   

著作権法第8章、罰則、第119条第1項〜第124条第4項までに渡り、侵害したる者に科せられる、罰則が細かく定められています。
第119条第1項を要約すると、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。と記されています。
以上は刑事罰ですが、これとは別に民事訴訟も同時に発生しうる事案で、別途、賠償金が発生する事も有ります。
   

只、著作権については著作権者が侵害していると見るか、見ないかの違いで、自ずと位置付けが異なって参ります。
例えば、ネガの売買に置ける画像の場合、HP上での非営利的な行為に付いての掲載は、茜堂では全く問題視致しておりません。
   

また、茜堂HP上の画像拝借の場合でも、その旨、事前にご連絡下されば、
その掲載が、営利、非営利のウェブサイトに関わらず、「茜堂の鐵路趣味」のキャプションと、
トップ頁の「http://akane-dou.com/」への、リンクを施して下されば、茜堂では、極力、協力させて頂きます。
また、検索サイト様に於かれては、画像の掲載については、当方へのリンクが施されている限り、フリーとさせて頂きます。



但し、非営利な個人での資料的保有で有れば、茜堂鉄路趣味の管理者に通告無く、フォーマット「Webアーカイブ」等で、
ページのテキスト、イメージ、その他のコンテンツを保存する事を、特例として別途許可します。
然し乍ら、第三者への発表(ウェブでの掲載、印刷等)は、一切出来ません。
   
尚、茜堂の鐵路趣味HPにて、使用の航空写真は、国土交通省(画像整理番号=CKK-85-4-C12A-18)から、
正規の方法で、データ購入(画像オーダー番号=E-4D30-026=1点)をした物で、個人保有や二次使用は一切出来ません。
別途、データ購入、国土地理院(画像オーダー番号=D07-032=1点、E-7F19-012=5点)や、航空写真の画像加工も含みます。
また、筑前芦屋駅の画像3点も、個人保有や二次使用は一切出来ません。




当ウェブサイト記載内容の参考文献=茜堂

参考文献
国鉄蒸気機関車の角度小寺康正 著、株式会社機芸出版、昭和47年12月10日発行。
神戸駅100年の歩み41代神戸駅駅長 左近正、神戸駅職員一同 著、国鉄神戸駅、昭和49年5月11日発行。
楽しい硬券の集め方辻阪昭浩 著、株式会社交趣会、昭和50年6月20日発行。
陸蒸気からひかりまで機芸出版社、昭和52年3月25日発行。
鉄道きっぷ大研究辻阪昭浩 著、株式会社講談社、昭和54年5月25日発行。
国鉄乗車券類歴史事典辻阪昭浩 著、株式会社ダンダン、昭和55年6月10日発行。
鉄道きっぷ博物館築島裕 著、日本交通公社出版事業部、昭和55年7月1日発行。
鉄道記念キップ長谷川弘和 著、株式会社山と渓谷社、昭和55年10月30日発行。
鉄道入場券図鑑金井泰夫・長沢博之・高橋雅之 著、日本交通趣味協会、昭和56年10月25日発行。
乗車券研究・第3号徳江茂 著、東京チケットクラブ、昭和57年6月発行。
国鉄の幹線見たまま記雑喉 謙 著、昭和58年6月5日発行。
国鉄の車両18九州各線関崇博・成田冬紀 著、写真 諸河久、株式会社保育社、昭和59年7月25日発行。
地図式乗車券のすべて徳江茂・久田進一・小田規夫 著、日本交通趣味協会、昭和59年10月30日発行。
鉄道切符全百科佐藤滋恭、佐藤忠、辻阪昭浩、森徹 著、株式会社小学館、昭和60年2月20日発行。
新橋オークション85新橋スタンプ商会、昭和60年6月10日発行。
九州鉄道雑学の本弓削信夫 著、ライオンズマガジン社、昭和60年11月10日発行。
新橋オークション86新橋スタンプ商会、昭和61年7月5日発行。
時刻表百年史高田隆雄 監修、松尾定行・三宅俊彦 著、新潮文庫、昭和61年7月25日発行。
きっぷの話徳江茂 著、財団法人交通研究協会、平成6年12月18日発行。
蒸気機関車形式D51伊藤久巳、イカロス出版株式会社、平成8年12月20日発行。
蒸気機関車形式C57伊藤久巳、イカロス出版株式会社、平成9年2月20日発行。
蒸気機関車メカニズム図鑑細川武志、株式会社グランプリ出版、平成10年7月13日発行。
日本の鉄道なるほど事典
種村直樹 著、株式会社実業之日本社、平成14年11月1日発行。
国鉄乗車券類大事典近藤喜代太郎・池田和政 著、JTB、平成16年1月1日発行。
全国鉄道おもしろ雑学事典川島令三 著、PHP研究所、平成16年9月10日発行。
神戸駅130年史西日本旅客鉄道株式会社、神戸支社、平成17年3月発行。
硬券カラーリスト昭和の鉄道乗車券・料金券永瀬 敦夫 著、株式会社運輸情報センター、平成17年5月10日発行。
鉄道切符コレクション澤村光一郎 著、ミリオン出版、平成20年3月17日発行。
機関車表-国鉄編1-レイルマガジン300号付録沖田祐作 著、株式会社ネコ・パブリッシング、平成20年9月21日発行。
機関車表-国鉄編2-レイルマガジン301号付録沖田祐作 著、株式会社ネコ・パブリッシング、平成20年10月21日発行。
日本の鉄道東海道ライン 第7巻川島令三 著、JTB、平成21年3月18日発行。
週刊歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR 第1巻美和企画、朝日新聞出版、平成21年7月5日発行。
神戸開港三十年史村田誠治 編、開港三十年記念会発行、中外書房、昭和41年復刻。
鉄道きっぷクロニクル
辻阪昭浩 著、イカロス出版株式会社、平成23年5月15日発行。
図説 沖縄の鉄道(改訂版)加田芳英 著、有限会社ボーダーインク、平成29年9月25日発行。
切符スペシャルメールオークション有限会社アベノスタンプコイン社。
ヤフオク切符サイトヤフージャパン。
EF58廃止時形態一覧表NTH鉄道研究会。
鉄道模型趣味株式会社機芸出版。
鉄道ピクトリアル株式会社電気車研究会。
RM MODELS株式会社ネコ・パブリッシング。
週刊鉄道データファイル株式会社デアゴスティーニ・ジャパン。
月刊鉄道ファン株式会社交友社。
月刊鉄道ジャーナル株式会社鉄道ジャーナル社。
デゴイチよく走る!蒸気機関車のページWEB版。



当ウェブサイトに於ける免責事項について=茜堂

茜堂の鐵路趣味のウェブサイトの構築、制作、運営に携わる管理者=白い国(中野光昭)は、
閲覧者が、随時このサイトにアクセスしたり、サイトを利用した事に因って生じた、直接的、付随的、結果的、精神的、間接的、
或は、懲罰的な損害、経費、損失、または債務等につきましては、いかなる責任も一切負いかねます。
   

茜堂の鐵路趣味は、管理者=白い国(中野光昭)の、独り善がりな部分も多々存在し、
当サイトに含まれる資料の正確さや、個々の目的への適合性を、保証する物では一切有りません。
また、茜堂の鐵路趣味サイトへのアクセスや、当サイトからの、ダウンロード等に因って生じた、個々のコンピューターや、
その他の機器への諸々の損害や、ウイルス感染や電気代、徒労感、眼精疲労等につきましても、いかなる責任も一切負いかねます。
   

茜堂の鐵路趣味のサイトに、掲載しているコンテンツの著作権、及び商標権、その他、知的財産権等は、
茜堂の鐵路趣味の管理人=白い国(中野光昭)、または当該情報の提供元に帰属します。
   

したがいまして、閲覧者は、茜堂の鐵路趣味の管理人=白い国(中野光昭)より、提供されるコンテンツの全部、又は一部を、
茜堂の鐵路趣味の管理人=白い国(中野光昭)の、事前の承諾無しに、転載、複製、改造、出版、放送、公衆送信等、
その他、著作権等を侵害する不法行為を、閲覧者自ら行う事は出来ず、また、関わる第三者に行わせる事も出来ません。
   

当サイトは、画像への直リンク以外は、リンクフリーと致します。但し、予告無くページの追加、変更、分割、移動、改訂、
または、消滅削除する事が有りますので、予めご了承の程お願い致します。
尚、この免責事項は、茜堂の鐵路趣味の管理人=白い国(中野光昭)の必要に応じて、見直し改善される事により、変更される事が有ります。
以上を以て、茜堂の鐵路趣味ウェブサイトに於ける、免責事項とさせて頂きます。




管理人の品質について=茜堂

製造年月日は、1951年11月2日、金曜日。賞味期限、品質保証は、若干乍らまだ余裕が有る様です。
茜堂の茜は、管理人白い国の出身地、神戸をエリアとする、JR西日本を表しています。
そして居住地は、日の丸の原点の赤色で有名な、筑前茜染め発祥の地。どちらも茜繋がりで茜堂が、誕生致しました。
   

切符の蒐集(収集)=元々は「蒐集」という漢字しかなく、常用外の漢字だった為、後から「収集」の漢字が生まれました。
茜堂の切符蒐集、この「蒐」は「アカネ(茜)」と言う植物の事で、赤い汁が出る事から、茜染に使われていました。
その為「茜(蒐)」は、よく集められ、それが転じて「集める」と言う意味になりました。


また「茜」は、鉄板用語で(西-酉-茜)の変字体から、JR西日本の事を表しています。
   
それと、最後になりましたが、アンティークステーション茜堂は、洒落で作ったものですので、
仕入れと称して、雲隠れする事も有ったり、二日酔いの為、一切の仕事を放棄し、休眠している場合等もございますし、
皆さんが思っておられるような、店構えの専業業者では、決してございません。

   

主に、インターネットオークションに於いて、出品者になったり、落札者になったりしていますので、
もし、お近付きになる様な事がございましたら、その時は宜しくお付合い下さいませ。
ヤフオクを核に「nm9696」のIDにて、評価に一点の曇り無く、真面目に対応参加しております。
   

その前に、茜堂HPの管理人こと、白い国(別名=nm9696)の姿を、晒しておきましょう。
バンドルネームの「白い国」は、雪の北海道(白国)で活躍した、C62(シロクニ)を、ダブルミーニングした物です。
   

茜堂-管理人
愛称=みっちゃん。
星座=天蠍宮の蠍座。
血液型=大型(Rh+=標準)。
出身地=神戸。
人格=真面目で温厚。
自慢=小さい頃は知能指数が、高かった事。只今、低脳中。
最終学歴=某芸術系大学、芸術学部、デザイン学科。
職業=2012年、代表取締役社長を退任し、プー太郎。
趣味=鉄道全般、登山、飲食、庭掃除。
特技=睡眠。
技能=船操、車操、算盤、簿記、絵画、図案、撮影。
好物=お酒、お酒の肴、鮒寿司。

順光で眩しそうな幼少時代の写真。阪神深江駅の上りホーム改札口付近にて、三ノ宮の帰路、背景には神戸銀行深江支店が納まっています。
父の愛機、リコーフレックス6×6にて、撮影される。
   


茜堂-阪神深江駅名標

駅名標サイズ、縦=430mm、横=1260mm、厚=3mm。乳白アクリ、紺刷り。

阪神深江駅、上りホームの駅名標、平成21年3月20日の阪神なんば線開業時に、新タイプに変更され、撤去された旧タイプの駅名標。
貴重な、茜堂の収蔵品です。部屋に飾っていますが、雰囲気は良好です。
   

以下クリックの上、お暇な折にでもご来訪くださいませ、取り留めも無い自己紹介を載せています。


2005年7月5日から-mixiを、2010年3月31日から-Twitterを、2012年2月8日から-Facebookを、
2013年10月2日から-Google+を始めました。

茜堂-Mail
茜堂の鉄路趣味の管理人へのご連絡には、封筒をクリックの上、アドレスの前の迷惑メール防止の為の"shiroikuni-"を外してお送り下さい。




2008年2月25日、神戸プラットフォーム「月間ぷらっと3月号vol.96」に、茜堂HPが紹介されました。
2008年5月30日、アーカイブス出版「昭和30年代の中野・杉並」に、茜堂HPが記載され、部品写真や切符写真が掲載されました。
2012年4月25日、クリーク・アンド・リバー社、降旗組から劇場版「少年H」に関する、神戸市電乗車券の資料要請を受け、茜堂HPが資料提供しました。
2013年6月30日、株式会社メディアックス「鉄道の歴史超図鑑」に、茜堂HPが記載され、切符写真が掲載されました。
2014年6月17日、独自ドメイン取得後、Yahoo!カテゴリに、茜堂HPが登録されました。
2014年10月14日、大和ハウス工業、プレミスト神戸ハーバーレジデンス、マンションギャラリー内シアターに、茜堂HPの神戸駅画像が使用されました。
2015年5月5日、スタジオジール「鉄道ch.NET」の番組に、茜堂HP内の鉄道部品画像が使用されました。
2016年1月24日、イカロス出版社、蒸気機関車EX12月号特集、本線蒸機最後の20両をみるに、茜堂HP筆者撮影のSL写真が掲載されました。
2016年7月19日、関西テレビ「よ〜いドン!」の番組に、茜堂HP内の神戸駅画像が使用されました。
2016年7月29日、ネット番組Netflix、明石家さんまプロデュース「JIMMY」に、小道具の切符2点の制作原稿を、茜堂にて提供しました。
   
茜堂-リンクバー
茜堂-鐵路趣味茜堂-幻の国鉄筑前芦屋駅茜堂-鉄道の質問・回答茜堂-鉄道親爺の脱線話-1茜堂-広告・C5833茜堂-鐵路趣味