月刊写真/茜堂

【思い出の今月の鉄道写真=茜堂】


思い出の今月の鉄道写真一枚は、リバイバル画像として、掲載しています。
茜堂の鐵路趣味の、今月の鉄道写真一枚のバックヤードを、ご要望にお応えし、別頁で復活動態保存をさせて頂きました。

大きな掲載画像は、1点のみ。
昨今、復活動態保存機のSL達が、各地で活躍をする中、静態保存に転ずるカマ達も有り、不安定な要素の中、
当頁では容量の続く限り、存続して行く所存です。宜しくお付き合いの程、お願い申し上げます。

尚、今回、画像に対してのコメントを、
下段に於いて付記して居りますので、併せてお楽しみ下さいませ。


茜堂-C57187キャブ

2016/10/1掲載、C57 187号機、キャブ、自動制御弁と単独制御弁、宮崎機関区。





【思い出の今月の鉄道写真に寄せて=茜堂】



■2016年度掲載■
茜堂思い出の今月の鉄道写真に寄せて。

宮崎機関区にて、C57 187号機のキャブに、機関区職員の許可を得て立入り、撮影を敢行する。
右手前に見えるハンドル類は、手前から自動制御弁、奥に単独制御弁の並びで、セッティングされています。
奥の単独制御弁には、昭和48年4月23日に、KG(鹿児島工場)の、検証済みの印が、白文字でペイントされています。

自動制御弁は、自弁と呼ばれ、自車(機関車)を含めた、編成(客車、貨車)全体のブレーキを、掛けたり緩めたりする装置です。
単独制御弁は、単弁と呼ばれ、自車(機関車)だけにブレーキを、掛けたり緩めたりする装置です。
空気圧縮機(コンプレッサー)から、送られて来たエアーが、溜められた元空気溜めの空気の力で、ブレーキを作用させます。

キャブの中は、巨体を動かす、アナログ的な様々な装置が、所狭しと機能的に配備されています。
画像は、蒸気機関車の運転のメインとなる、機関士側(公式側)を、撮影しています。

水と火に因り、発生させた蒸気をエネルギーとして、左右のピストンへ送り、シリンダーからロッドを動かし、
動輪を回転させ、蒸気機関車は息吹を得て、その重たい体を、前へ後ろへと動かします。

C57 187号機は、昭和21年9月30日、三菱重工業三原にて、三次型として新造され、新潟鉄道管理局、山形区に配備、
山形区、新潟区、新津区と、その多くを北部日本海側で活躍をし、晩年には、大分運転所を経て宮崎区に転属し、
昭和48年4月23日には、鹿児島工場で、全般検査(全検)を受けています。

九州では、主に南九州で活躍をし、日豊本線の蒸気機関車終焉期まで、活躍をしたSLの一つです。
昭和49年4月26日、宮崎機関区にて、保存される事も無く、廃車解体されています。




■追加画像=2016/11/1■
C57 187号機運転席の、空気圧力計、ネジ式逆転機をご覧下さい。


茜堂-C57187キャブ

制御弁の背景に有る、二連のメーター類は、ブレーキ配管に繋がる、空気圧力計です。
空気圧力計は、機関車のブレーキを掛けたまま、車両ブレーキを緩める状態の、保ち位置になっています。

空気圧力計の左手にあるハンドルは、加減弁(レギュレターハンドル)で、蒸気室からシリンダへと、蒸気を供給する装置です。
手前に引く程、シリンダーへの蒸気の供給量が増え、スピードとパワーが増加します。
自動車で言えば、アクセルに相当致します。

加減弁(レギュレターハンドル)には、ノッチが刻まれ、これがストッパーになっています。
ハンドルを握ると、ストッパーが解除され、ハンドルを動かせます。
自動車で言うところの、オートクルーズコントロールの様な、機能を持たせています。


茜堂-C57187キャブ

中央に有る、コの字型のハンドルは、ネジ式逆転機(リバーハンドル)で、発車時の機関車の前進後退を、決める装置です。
加減リンクを介し、ピストン1行程当たりのシリンダへ送り込む、蒸気の量を加減します。
右へ一杯に回すと、前進80%のカットオフに、左へ一杯に回すと、後退65%のカットオフとなります。

フレーム上に設置されている、半円形のスケールは目盛板で、前進後進の位置を決めます。
中央の白線の位置がミッドギヤで、上側が前進位置、下側が後進位置となります。

窓側に有る四角いボックスは、ATS確認ボタンです。
ATSの警報音(音=ジリジリジリ)が発動した場合に、警報音を止める為のボタンです。
ベル鳴動停止後(音=キンコンキンコン)の、制動や停止操作は、機関士側に、全てが委ねられています。





当ページの掲載写真は、茜堂による原盤ネガや原盤ポジからの画像、
或はデジタル撮影画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
上記記述に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
茜堂-リンクバー
茜堂-月刊鉄道写真茜堂-鐵路趣味