月刊写真/茜堂

【思い出の今月の鉄道写真=茜堂】


思い出の今月の鉄道写真一枚は、リバイバル画像として、掲載しています。
茜堂の鐵路趣味の、今月の鉄道写真一枚のバックヤードを、ご要望にお応えし、別頁で復活動態保存をさせて頂きました。

大きな掲載画像は、1点のみ。
昨今、復活動態保存機のSL達が、各地で活躍をする中、静態保存に転ずるカマ達も有り、不安定な要素の中、
当頁では容量の続く限り、存続して行く所存です。宜しくお付き合いの程、お願い申し上げます。

尚、今回、画像に対してのコメントを、
下段に於いて付記して居りますので、併せてお楽しみ下さいませ。


茜堂- 関西本線201系

2016/8/1掲載、クハ201 143、ND616編成、運用番号63A、王寺行1784K列車、関西本線、河内堅上〜三郷。





【思い出の今月の鉄道写真に寄せて=茜堂】



■2016年度掲載■
茜堂思い出の今月の鉄道写真に寄せて。

201系電車、ND616編成は、クハ201-143、モハ201-281、モハ200-281、モハ201-280、モハ200-280、クハ200-143の6両編成。
以前は、C32編成として、網干総合車両所明石支所に所属し、奈良電車区には、平成18年12月20日に転入しています。
車体カラーは、大和路路線車カラーの、ウグイス色に塗色変更がなされています。

運用面では、103系電車6両編成と共通で、大和路線(関西本線)や、おおさか東線(旧、城東貨物線)の、普通列車を中心に運用され、
ラッシュ時には、JR難波駅発着の快速列車、及び、和歌山線の王寺駅〜高田駅間でも、運用されています。

撮影地の河内堅上駅は、明治44年11月5日、関西本線の青谷信号所として開設され、大正11年4月1日に、青谷信号場に改称。
昭和2年4月19日に、旅客駅に格上げされ、現在の河内堅上駅として、開業しています。
相対式ホーム、2面2線を有する地上駅で、分岐器や絶対信号機が無い、停留所に分類されています。

大和川沿い土手側の、天王寺方面行きホームには、多くの桜が植えられており、有名撮影地の一つとなっています。
また、桜の見頃には、夜間のライトアップがなされ、地域の風物詩となっています。

1970年代半ば迄、大和川対岸の砕石工場から、ベルトコンベアで運ばれた砕石の積載用施設があり、
本線には、渡り線と引込み線も有り、入換作業も行われていました。
ベルトコンベアの、支柱コンクリートが、遺構として長年放置されていましたが、平成20年4月に撤去されています。

右手前に有る、ロケット花火の様な物は、LED灯で、緊急時に発動する、踏切用の点滅形( II 形)特殊信号発光機(特発)です。
尚、外カーブでの、特殊信号発光機が有る事から、撮影は、踏切の遮断機の外で有ろう事を、ご理解願います。




■追加画像=2016/9/1■
関西本線での電車登場時の姿も、以下に掲載致します。


茜堂- 関西本線101系

電化開業記念HM、101系電車、091編成、オレンジ塗色、関西本線、柏原駅、国鉄、昭和48年10月1日撮影。

関西本線では、昭和48年10月1日、湊町駅(現、JR難波駅)〜奈良駅間が電化され、奈良駅〜亀山駅間のSLが、全廃されました。
それに伴い、竜華機関区に訪れる、奈良区のD51も皆無となり、両区からSLの煙が、完全に消えてしまいました。
また、DC急行「かすが」の運転区間が、湊町駅では無く、奈良駅〜名古屋駅間に、短縮されています。

但、10月には、梅小路区のD51 1号機が、伊賀路の旅号と、ミステリー号(9226、9227列車)で入線し、
翌11月には、伊賀路の旅号(9226、9227列車)で、夫々、奈良機関区に入場しています。

国鉄101系電車は、昭和32年に登場した、日本国有鉄道の直流通勤形電車で、登場時はモハ90系電車と称していましたが、
昭和34年6月1日の、称号規定改正(総裁達第237号、同年5月30日)に伴い、101系に改称されています。

国鉄の電車としては、初めての近代的メカニズムで有る「中空軸平行カルダン駆動方式」を搭載し、
新性能電車の陣頭を切った系列で、同システムは、1980年代前半に至る迄、国鉄電車に広く応用されていました。
主な仕様は、後継機103系電車に、そのまま引き継がれています。

因みに、背景に写っている、ニチイ柏原店は、サティに転換され無い侭、平成25年10月末を以って、閉店をしています。
対面に有った、ダイエー柏原店は、それより遡り、平成22年8月末を以って、閉店しています。





当ページの掲載写真は、茜堂による原盤ネガや原盤ポジからの画像、
或はデジタル撮影画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
上記記述に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
茜堂-リンクバー
茜堂-月刊鉄道写真茜堂-鐵路趣味