茜堂-海外の鉄道写真
茜堂-海外の鉄道写真 茜堂-USAの蒸機マレー機
茜堂-USAの鉄道・SL
茜堂-USAの鉄道・SL
茜堂の旅、山中のマレー機。
森林を縫う様に走る、シェイギヤード。
茜堂-インドの蒸機ダージリン
茜堂-インドの鉄道・SL
茜堂-インドの鉄道・SL
茜堂の旅、颯爽と走る、WPとWG。
孤高のクライマー、ヒマラヤ
のツーフーター。
茜堂-台湾の蒸機シェイ
茜堂-台湾の鉄道・SL
茜堂-台湾の鉄道・SL
茜堂の旅、懐かしの形式、D51やC55、C57等。
阿里山の、シェイギヤード。羅東の森林鉄道。
茜堂-香港の鉄道二階建て路面電車
茜堂-香港の鉄道
茜堂-香港の鉄道
茜堂の旅、色採りどりな路面電車。
山を駆け上がる、ピークトラム。
海外の鉄道、茜堂の旅を紹介します。
アメリカ本土、ハワイ。インド、ヒマラヤンダージリン鉄道。台湾の本線、阿里山に羅東の森林鉄道。
香港ではカラフルな二階建ての路面電車、ケーブルカーピークトラム等。
    
    
茜堂-撮影時の注意事項
茜堂-台湾の鉄道・SL茜堂-台湾の鉄道・SL茜堂-香港の鉄道茜堂-香港の鉄道
茜堂-撮影時の注意事項
海外での鉄道撮影時の注意点を、以下に示します。

一部の国では、鉄道施設は軍事施設と見なされているので、事前の撮影許可が必要となっていて、
撮影路線や撮影場所、撮影日時等の申請や、通関の際の撮影機材の申告等も、必要となる場合もあります。

特に、橋梁や隧道(トンネル)付近での撮影は、トラブルの元となるので、極力避けた方が良い様です。
関係機関の許可と、関係者随行の撮影では、問題は有りませんが、
一個人では、橋梁や隧道の撮影許可は、まず降りないでしょう。

    
アメリカでは、鉄道撮影は基本的に自由です。
個人の敷地内に立ち入っての撮影は、トラブルの元となりますので、注意が必要です。
施設や工場、機関区等での撮影は、日本と同様で、該当機関での撮影許可が必要となって参ります。

    
インドでは、鉄道撮影時には基本的に、鉄道省に撮影申請を行い、撮影許可証が必要です。
近年では、観光目的での撮影程度は、大目に見られている様ですが、
まだまだ、自由だと言う訳では無く、注意をされたら中止する心構えが必要です。

軍用鉄道施設を誤って撮影してしまったら、機材没収や拘束される場合が有りますので、注意が必要です。
    
台湾では、撮影当時には、準戦時下に有った為、鉄道撮影に付いては完全に許可制でしたが、
その後、平成の初め頃には、鉄道撮影の制限が緩和されました。
施設や工場、機関区等での撮影は、日本と同様で、該当機関での撮影許可が必要となって参ります。
軍用鉄道施設を誤って撮影してしまったら、機材没収や拘束される場合が有りますので、注意が必要です。
    
香港では、鉄道撮影時の制約は有りませんが、
駅等の鉄道施設内での列車撮影は、危険行為と見なされていますので、慎んだ方が良い様です。
また、駅構内の撮影も、とがめられる場合が有るので、注意が必要です。
只、観光客に人気の路面電車とピークトラムは、マナーを守って撮る分には、全く問題が有りません。

それと、注意が必要なのは、地下鉄(MTR)での車内飲食は、全て禁止されていて、
見つかると、罰金2000香港ドル(日本円で2万円位)が、課金されます。
因に、車内喫煙は罰金5000香港ドル(日本円で5万円位)の課金。車内での携帯電話はOKです。

    
日本でもそうですが、最低限のマナーを身につけて、撮影される事をお願い致します。
特に、人物等が入ってしまう場所での撮影では、プライバシーを尊重し、細心の注意を払いましょう。

例えば、制服姿の軍人さんは、殆どの国で、プライバシー以前に公務上、NGになる場合が多い様です。
又、乗務員さんや、一般人でも、凄い剣幕で抗議を受ける場合も有りますので、こちらも注意が必要です。
経験上、軍人さん以外でしたら、直接、了解を取れば、大概は快く収まってくれる様です。

また、軍用鉄道施設等を撮影中に見つかると、関係当局の尋問を受け、フィルム没収程度では終わらず、
機材(デジタル機材はNG)の没収や、身柄拘束、或はスパイ容疑での検挙等も有り、非常に危険です。
日本大使館も巻き込み、色々面倒を駆ける事と成りますので、特段の注意が必要です。


尚、状況は日々変化していますので、渡航前には、訪問国の鉄道に関する最新の状況等を、
十分に精査して置く事は、言う迄も無い事です。






尚、撮影に際しましては、出発前に最新情報の収集を、各自の責任にてお願い申し上げます。
また、当記述内容は2013年1月現在の物とし、誤記や解釈の違いにより、被られた不利益につきましては、
茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
    
茜堂-リンクバー
茜堂-USAの鉄道・SL茜堂-インドの鉄道・SL茜堂-インドの鉄道・SL茜堂-USAの鉄道・SL茜堂-鉄道写真茜堂-鐵路趣味