故郷神戸駅と沿線の切符/茜堂

色彩も豊かな珍しい流用券=茜堂

流用券で目立つのは、用途終了の背面印刷済みの、制度上の色模様(赤線、影)券等を、
リサイクル使用の為、別途仕様の切符とするべく、そのまま流用し加刷された切符で、活字と赤線が制度上不一致な券。
旧地紋等の流用券は余り目立つ事は有りませんが、赤線や影等、以前の券のまま使用された、珍しい流用切符を紹介致します。

茜堂-異彩を放つ流用券
茜堂-大阪駅入場券(赤地白斜1条流用)裏
茜堂-大阪駅入場券(赤地流用)

大正6年6月14日、大阪驛入場券、上り専用、金貳銭、右書表示、裏、赤地白斜1条、裏面英文表記、鉄道院。

右書表示の入場券は、明治時代の三等急行券(二地帯制の百五拾哩券)を、流用した物で、神戸駅の入場券でも確認されています。
従来の明治券の三枚貼合では無く、マット調の鮮やかな赤色で、両面印刷されています。(プロフィール頁にも掲載)
   


茜堂-三ノ宮〜大社往復券(無地裏流用)
茜堂-三ノ宮〜大社往復券(地紋赤横1条公影)裏

昭和12年6月1日〜昭和19年3月31日、三ノ宮〜大社、季節割引往復乗車券、3等、7圓71銭(税共)、
三ノ宮驛発行、裏、公赤影、赤線、鉄道省、GJR地紋。

季節割引の往復乗車券(廃札)は、恐らく、余剰のA型券公務用(公影)鉄道省のGJR赤地紋台紙に、入場券とすべくと赤線を加刷し、
その後、更に当券の無地裏面を表面として使い、加刷した非常に珍しい、三次使用の流用券です。(茜堂解釈)
   


茜堂-急行券(神戸・赤縦3条流用)
茜堂-三ノ宮〜大社往復券(無地)裏

昭和41年10月21日、神戸〜400Km、急行券、1等、660円(税1割共)、裏、英文字表記、神戸駅発行、国鉄、JNR地紋。

急行券は本来ならば、列車種別の赤縦二条で有るべきですが、
当券では、急行券(二条縦引き)・準急券(一条縦引き)の、赤線縦引き廃止(昭和41年3月5日)より、
約5ヶ月前に、特急券(三条縦引き)の、赤線縦引き廃止(昭和40年10月1日)になった、余剰の赤線縦引き特急券用台紙を、流用

そのまま、表面を使い加刷した、二次使用の流用券で、普通急行券の400Km迄に、流用されました。



周辺地域の古い赤線入り入場券=茜堂

周辺地域の大正、昭和初期の赤線入り入場券を、収録しています。
裏面には、古き良き時代の信玄袋(手提布袋)や、行李(竹、柳で編んだ大箱)等を、持ち込まない様にとの注意書きの他、
三項目に渡り、入場に関する、注意書きが施されています。

茜堂-赤線横1条の気品
茜堂-赤線入場券(大阪・金貳銭) 茜堂-赤線入場券(大阪・金拾銭)
茜堂-赤線入場券(大阪・金貳銭)

大正1年10月1日、大阪驛入場券、下り専用、金貳銭、右書表示、裏面英文表記、大阪驛発行、鉄道院。
大正7年3月12日、大阪驛入場券、上り専用、金貳銭、右書表示、裏面英文表記、大阪驛発行、鉄道院。
大正7年10月2日、大阪驛入場券、下り専用、金拾銭、右書表示、裏面英文表記、大阪驛発行、鉄道院。

大正7年8月1日からは、東京、上野、大阪の主要三駅が拾銭に値上げされ、それ以外の駅は、五銭に値上げされます。
左の貳銭券は、日付が大正元年ですが、様式は明治期のままとなっています。
   

茜堂-赤線入場券(大阪・金拾銭)
茜堂-赤線入場券(大阪・金拾銭) 茜堂-赤線入場券(大阪・10銭)

無日付時代券(大正中期)、大阪驛入場券、拾銭、大阪驛発行、鉄道院。
無日付時代券(大正中期)、大阪驛入場券、拾銭、大阪驛発行、鉄道院。
昭和14年3月14日、大阪驛入場券、10銭、大阪驛発行、鉄道省。

大正9年1月8日付けの、鉄道院総裁達第1号に因り、大正9年2月1日からの施行として、
全ての切符の書式が、ダッチング共々(入場券以外)「右書表示」から「左書表示」に、変更される事になります。大阪駅では日付券の券面から、主要駅入場券特有の上り下りの表記が無くなり、一般駅同様の共通の入場券となっています。
   

茜堂-赤線入場券(兵庫・五銭) 茜堂-赤線入場券(須磨・五銭) 茜堂-赤線入場券(吹田・五銭)

無日付時代券(大正中期)、兵庫驛入場券、五銭、兵庫驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道院。
無日付時代券(大正中期)、須磨驛入場券、五銭、須磨驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道院。
無日付時代券(大正中期)、吹田驛入場券、五銭、吹田驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道院。

大正中期頃(大正9年2月1日の、左書き改定券発行後程なく)から、入場券にダッチング(日付け印)を施さず、発券されていました。
残念乍ら、無日付券の詳細な開始年月日や、その目的等は分かっていませんが、
昭和5年4月1日施行の、昭和初期10銭入場券からは、券面の左側に、ダッチングが復活しています。
   

茜堂-赤線入場券(三ノ宮・五銭) 茜堂-赤線入場券(三ノ宮・拾銭) 茜堂-赤線入場券(三ノ宮・拾銭)

無日付時代券(大正中期)、三ノ宮驛入場券、五銭、三ノ宮驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道院。
無日付時代券(大正末期)、三ノ宮驛入場券、拾銭、三ノ宮驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道省。
無日付時代券(大正末期)、三ノ宮驛入場券、拾銭、三ノ宮驛発行、裏面3項目入場注意書、鉄道省。

真中の券は、鉄道入場券図鑑=17頁、鉄道切符大研究=132頁、国鉄乗車券類歴史事典=149頁に、掲載されています。
無日付時代の券は、大正時代の入場券で、西部鉄道局兵庫印刷所で、印刷されています。
日付け入りの券は、昭和に入ってからの入場券で、
裏面の入場時の3項目の注意書きは外され、大阪印刷場で印刷されています。
   


茜堂-赤線入場券(三ノ宮・10銭) 茜堂-赤線入場券(西ノ宮・5銭) 茜堂-赤線入場券(大阪・10銭)

昭和11年11月19日、三ノ宮驛入場券、10銭、三ノ宮驛発行、鉄道省。
昭和14年3月14日、大阪驛入場券、10銭、大阪驛発行、鉄道省。
昭和16年1月17日、大阪驛入場券、10銭、大阪驛発行(
特殊注意書)、鉄道省。

西ノ宮駅は、平成19年3月18日の、さくら夙川駅開業を機に、地元の要請に依り、西宮市と同表記の、西宮駅に改称されました。
三ノ宮駅でも、同様な意見が出ており、隣接する阪神、阪急は、三宮駅から、神戸三宮駅に改称しています。
また、神戸新交通ポートアイランド線も、三宮駅で、神戸市営地下鉄西神、山手線も三宮となっています。但、JRは改称予定は無いとの事。
   
右の大阪駅10銭券の、注意書きには「客車内及び制限した場所には立入出来ません」と、記されています。
大阪駅の戦時券の特徴で、他の駅では見られません。恐らく、軍事物資等の運輸機密に、抵触する場所の事だと推測されます。



周辺地域の古い記念硬券=茜堂

周辺地域の戦前の硬券での、記念券(模擬券)を、収録しています。

茜堂-各種記念硬券
茜堂-大阪三越鉄道展覧会 茜堂-第二青函丸観覧記念券(大阪築港)
茜堂-第二青函丸観覧記念券(神戸埠頭)

昭和4年7月1日(入場記念日付)、大阪鉄道局主催、大阪三越鉄道展覧会、期間7月10日まで、模擬券、鉄道省、GJR地紋。
昭和5年8月12日、第二青函丸、神戸突堤、観覧記念券(赤斜1条)、鉄道省発行、鉄道省、GJR地紋。
昭和5年8月13〜14日、第二青函丸、大阪築港、観覧記念券(赤斜1条)、鉄道省発行、鉄道省、GJR地紋。

鉄道展覧会記年券の裏面には、「昭和四年三月現在-國有鐵道の哩は八千五百三哩」の、縦書き文字有り。
入場記念日としての、ダッチングが施されています。
   
第二青函丸観覧記年(神戸)の裏面には「本船は青森函館間で貨車を渡すに使ふもので、十五噸貨車四十三両を積めます」の、縦書き文字有り。
第二青函丸観覧記年(大阪)の裏面には「今は九州、四國の端から北海道の端まで貨車が直通する」の、縦書き文字有り。
券面に、観覧日付けが印刷されていますので、ダッチングされずに、発券されています。
   
第二青函丸は、昭和5年8月5日に神戸造船所で落成し、鉄道省青函航路の鉄道連絡船として、就航しますが、
昭和20年7月14日、朝5時15分頃に函館港から青森港へ航行中、米軍戦闘機と遭遇し機銃攻撃を受け、負傷者を抱えて青森港へ到着。
同14時30分頃、空襲警報により退避中、米軍爆撃
機の爆撃と、魚雷の被弾に因って15時30分頃に沈没、21名の戦死者を出しています。



周辺地域の古い記念乗車券=茜堂

周辺地域の戦前戦中の、硬券での記念乗車券を、収録しています。

茜堂-各種硬券記念乗車券
茜堂-観艦式拝観乗車券(住吉〜六甲道) 茜堂-鉄道七十年記念乗車券(元町〜京都) 茜堂-鉄道七十年記念乗車券(神戸〜大阪)

昭和11年10月29日、住吉〜六甲道、観艦式拝観乗車券、3等、5銭、住吉驛発行、券番=0005、鉄道省、GJR地紋。
昭和17年10月14〜15日、無日付券、元町〜京都、鉄道七十年記念乗車券、3等、1圓55銭、元町驛発行、券番=0003、鉄道省、GJR地紋。
昭和17年10月14〜15日、無日付券、神戸〜大阪、鉄道七十年記念乗車券、3等、70銭、神戸驛発行、鉄道省、GJR地紋。

昭和11年10月29日に行われた、神戸沖特別大演習観艦式では、御召艦比叡、大演習観閲官天皇陛下の元、参加隻数100隻、
総合570,133トン、航空機約100機の大演習が行われました。大演習の関連切符は、 茜堂-神戸市電の乗車券 にて、ご覧になれます。
   
鉄道七十年記念乗車券では、ダッチングはされていませんが、廃札券では有りません。
文字入りの蒸気機関車の緑影の先頭部に、ダッチングの日付が掛かるのと、券面に有効日付けが印刷されている為、
どの駅でも、ダッチングされずに、発券されています。




戦前の周辺駅のスタンプ=茜堂

筆者の故郷、神戸駅周辺の戦前の駅スタンプを、紹介致します。
サイズ的には、当時の集印帳が小振りな為、現在の駅スタンプとは比べ物にならない位、小さくまとまっています。

茜堂-周辺駅のスタンプ
茜堂-駅スタンプ(神戸)
茜堂-駅スタンプ(西ノ宮)
茜堂-駅スタンプ(三ノ宮)
茜堂-駅スタンプ(灘)

左から、昭和9年12月18日の西ノ宮駅、昭和9年12月17日の灘駅、昭和9年12月19日の三ノ宮駅、
昭和9年12月18日の神戸駅(神戸駅のみ右書表示)のスタンプ印(切符対比80%縮小)。

西ノ宮駅には、恵比寿さんと野球のボールが、灘駅には日本酒の菰樽が、描かれています。
三ノ宮駅には、港の大型客船の背景に、生田神社に六甲の山々が、センス良くレイアウトされています。

神戸駅には、港神戸の地形をシンボライズする扇に、楠神社に菊水、中央に鉄道高架線、大型客船がバランス良くレイアウトされています。

茜堂-駅スタンプ(兵庫)
茜堂-駅スタンプ(兵庫)
茜堂-駅スタンプ(垂水) 茜堂-駅スタンプ(明石)
茜堂-駅スタンプ(舞子)

左から、昭和8年7月21日、昭和9年12月19日の兵庫駅、昭和9年12月16日の垂水駅、昭和9年12月18日の舞子駅、
昭和9年12月19日の明石駅のスタンプ印(切符対比80%縮小)。

兵庫駅には、高架を走るSLと、能福寺の大仏が描かれています。
能福寺の大仏は、これより10年後には、戦時中の金属回収令の為、国に供出されますが、平成3年に、元の場所に再建されました。
   
垂水駅には、海神社と平磯暗礁に立てられた、日本でも古い鉄筋コンクリート造りの、平磯灯台がレイアウトされています。
舞子駅には、舞子の松と、その後ろに孫文記念館がレイアウトされています。
明石駅には、明石海峡と対岸の淡路島が配置され、大きな明石鯛が跳ねている姿が、レイアウトされています。

茜堂-特急燕スタンプ(神戸車掌所)
茜堂-駅スタンプ(赤穂)

左から、特急燕乗車の神戸車掌所乗務車掌、昭和8年6月1日の赤穂(あかほ)駅のスタンプ印(切符対比80%縮小)。

赤穂(あかほ)駅は、飯田線の駅ですが、播州赤穂(ばんしゅうあこう)駅の駅名の成立ちの、参考資料として掲載しています。
播州赤穂駅の開業が、昭和26年12月12日で、既に、赤穂(あかほ)駅が有った為、国鉄では珍しい「州」の、播州を冠する事となりました。
その後、飯田線の赤穂(あかほ)駅は、昭和34年10月1日に、現在の駒ヶ根駅に改称されています。
   
神戸車掌所、親切第一、人、物、務、誠心のスローガンを記した、特急燕乗務車掌の乗車記念のスタンプ印。
   
スタンプの比率は、当HP上の他ページのスタンプ類と、全て同率比率としております。
その為、当ページのスタンプが小さく見辛くなっていますが、ご了承願います。



入鋏からスタンパーへ=茜堂

鉄道切符を使用する場合、改札口で改札を行うさい、改札鋏にて入鋏をしていましたが、
現在では、スタンパーが主流となっていて、券面を占める割合が高くなり、結果として券面の持ち味を損なう場合が、多くなりました。

茜堂-現在のパンチ
茜堂-乗車券(丸亀〜新神戸)
茜堂-乗車券(和知〜大阪・西宮) 茜堂-乗車券(坂出〜新神戸)

平成3年12月21日、和知〜大阪、西ノ宮、西大路経由、1850円、和知駅発行、入鋏印和知駅、JR西日本、JR地紋。
平成4年12月7日、丸亀〜新神戸、備讃・新幹線経由、3190円、丸亀駅発行、入鋏印丸亀駅、JR四国、JR地紋。
平成5年1月3日、坂出〜新神戸、備讃・新幹線経由、3190円、坂出駅発行、入鋏印坂出駅、JR四国、JR地紋。

パンチによる入鋏の代わりに、情報量(駅名、日時等)の多い、スタンパー(チケッター)が、登場します
従来のパンチによる、切りカスが散乱する事も無く、改札口の清掃にも一役買っています。

只、小児断線を切除した小児券の場合等、スタンパーが
券面の行き先や他の券面情報を、読みにくくする等の欠点も上げられます。
   

関西の私鉄では、昔からスタンパーが主流で、切符表面にはスタンパー用の、丸い余白が設けられていました。
因に、チケッターとも言いますが、チケッターはシャチハタ製のスタンパーの、商品名を指しますので、
茜堂HPでは、スタンパーに統一させて頂きます。



アーバンリゾートパス=茜堂

神戸の各社鉄道や、市バス(市バスの場合200円の普通区のみ)の、乗り降り自由な、ワンデイパス。
神戸市内の、全ての鉄道の該当エリア内にて、使用可能な一日乗車券となります。

茜堂-共通一日乗車券
茜堂-神戸アーバンリゾートパス
茜堂-神戸アーバンリゾートパス(裏)
茜堂-神戸アーバンリゾートパス

平成5年4月25日、平成5年5月16日、神戸市内共通一日乗車券、大人1200円、小児600円。

カード式の各社共通一日乗車券で、JR西日本、阪急電鉄、阪神電気鉄道、山陽電気鉄道、神戸電鉄、北神急行電鉄、神戸高速鉄道、
神戸新交通、神戸市交通局の該当エリア(有効区間)内での、使用が可能

市バスとJR西日本以外は、自動改札機を利用します。地図内の有効区間を超えた場合は、別途普通運賃の支払が発生します。

   

表面のイラストは、トーマス・マックナイトによる物で、イラストのパターンは数種類有ります。
トーマス・マックナイトは、1941年に米国カンザス州の、ローレンス市に生まれ、
メトロポリタン美術館の永久保存作品に、1986年に選ばれています。
   

1991年に、アーバンリゾートフェア神戸'93のイメージアーティストに選ばれ、1993年に神戸市博物館で、個展を開催しています。



神戸駅の記念券類=茜堂

記念券は、料金が発生する切符とは一線を画しますが、見た目は記念切符の様です。
また、発行部数は記念切符の様に多くは発行されず、特定の場所でしか手に入れる事が出来ません。勿論、それ自体は無料です。

茜堂-高速バス開業記念券
茜堂-神戸駅高速バス開業記念券

昭和39年10月5日、国鉄バス名神高速線開業、名古屋〜神戸、開業記念券。
この画像は、当頁の硬券画像の、90%縮小となっています。本体サイズ、15×6.2センチ、表、裏面は無地。


昭和39年10月5日から、日本初の高速バスが、名古屋〜神戸間で運行されます。
昭和35年に、高速バス試作車1号車、日野RX10型が登場し、翌年に、高速バス試作車、いすゞBU20PA型と三菱MAR820改型が登場。
昭和38年3月には、本格的な高速バス試作車、いすゞBU30P型が登場し、同年秋に量産型が登場し、本線運用と成りました。

茜堂-ドリーム号運転記念券
茜堂-神戸駅ドリーム号運転記念券
茜堂-神戸駅ドリーム号運転記念券(裏)

昭和46年4月28日、国鉄ハイウェイバス、神戸〜東京間ドリーム号、運転記念券。
この画像は、当頁の硬券画像の、90%縮小となっています。本体サイズ、12.4×6.1センチ、リボン付き、表と裏。


北口から、夜の神戸駅を望む。背景には、阪神高速3号神戸線と神戸港、ポートタワーが。
駅南は、再開発前の姿で、とてもシンプルです。
   
昭和44年6月10日から、東名高速道路の全通により、国鉄初の夜行高速バスが、大阪〜東京間、京都〜名古屋〜東京間で、運行されます。
後者の系統は、同年12月3日から、名古屋〜東京間(ドリームなごや号)、京都〜東京間(ドリーム京都号)の2系統に分割されました。
昭和46年4月28日に、神戸〜東京系統が登場します。(昭和53年4月に廃止、平成1年3月以降に、ドリーム神戸号として復活)

茜堂-神戸駅開業110周年記念券
茜堂-神戸駅開業110記念券

昭和59年5月13日、大阪〜神戸鉄道開通110周年記念列車乗車記念券。
この画像は、当頁の硬券画像の、75%縮小となっています。本体サイズ、25.8×9.2センチ、表、裏面は無地。


明治7年5月11日に、大阪〜神戸間の32.7kmが、運輸営業を開始します。
記念切符類は、正規の日付で有る、昭和59年5月11日付けで、発行されていますが、
正面装飾のHMが掲げられた、165系による記念列車は曜日の関係で、日曜日の5月13日に、運行されています。



神戸駅の列車展示記念券類=茜堂

神戸駅ホームでの、新造車両の車内見学会用の、展示記念券を紹介致します。1人1枚で入出場と車内見学が可能な配布券。
また、展示記念券の名称が、昭和63年頃から展示記念票へと、変更されています。

茜堂-サロンカーなにわ展示券
茜堂-神戸駅サロンカーナニワ展示記念券
茜堂-神戸駅サロンカーナニワ展示記念券(裏)

昭和58年9月11日、午後1時10分〜午後2時50分、神戸駅1番ホーム、欧風豪華客車サロンカーなにわ(14系改造グリーン車)、展示記念券。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、24.3×7.6センチ、表と裏。


国鉄大阪鉄道管理局では、昭和54年よりスロ62、スロフ62を改造した、お座敷客車スロ81、スロフ81の6両編成を運用していましたが、
人気が高く、申込者の6割以上を断る状況が続いていました。一方で、観光バス等ではデラックス志向が高まっていた他、
リバイバルトレイン等の人気から、国鉄が持つお座敷列車のみでは、既に対応できなくなっていました。
   
それらを踏まえ、お客からのニーズに応えるべく、欧風豪華客車サロンカーなにわ(14系改造グリーン車)が、誕生しました。
種車は、スハフ14、オハ14から成り、スロフ14、オロ14に、それぞれ改造されています。
また、平成6年5月に、リニューアルを行い、更に平成23年にも、再度リニューアルが施されています。

茜堂-和風列車みやび展示券
茜堂-神戸駅みやび展示記念券

昭和61年3月16日、午後1時15分〜午後2時50分、神戸駅1番ホーム、和風列車みやび、展示記念券。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、24.1×6.1センチ、表、裏面は無地。


和風列車みやび(スロフ14形800番台、オロ14形800番台客車)は、昭和61年4月1日から運行されました。
   
最大の特徴は、車内の一角に玉砂利を敷き詰め、庭石、灯籠、竹垣を配したミニ日本庭園を、日本の鉄道では初めて設置しています。
残念乍ら、同年12月28日に団体客が香住駅で降車後、浜坂駅への回送中に、余部橋梁上で日本海からの強風にあおられ、
牽引機DD51を残し編成全7両が、鉄橋から転落し大破(
翌年2月10日付で廃車)。実に運行開始9ヶ月弱、272日目の事故でした。
   
尚、第30回ブルーリボン賞にノミネートされていましたが、投票時には既に廃車されていた為、初の選考削除車両と成っています。
因に、本線運行時のテールマークは、茜堂の知人で有る、神戸在住のデザイナー氏の手による物です。

茜堂-スーパーサルーンゆめじ展示票
茜堂-神戸駅ゆめじ展示記念票
茜堂-神戸駅ゆめじ展示記念票(裏)

昭和63年3月31日、午前10時〜午後12時30分、中央改札口入場、神戸駅1番ホーム、スーパーサルーンゆめじ、展示記念票。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、23.8×7.6センチ、表と裏。


スーパーサルーンゆめじ(211系電車)は、昭和63年4月10日の、本四備讃線茶屋町駅〜宇多津駅間の、通称瀬戸大橋線開業時に合わせ、
新設された、三両編成のオールグリーンの団体イベント用車両で、活躍しましたが、
平成22年3月7日の、さよなら運転を持って、営業運転を終了。4月14日に吹田工場へ回送され、6月30日付けで廃車となりました。
   
スーパーサルーンゆめじ211系電車は、1988年度グッドデザイン商品(後のグッドデザイン賞)を、受賞しています。

茜堂-エーデル丹後展示票
茜堂-神戸駅エーデル展示記念票
茜堂-神戸駅エーデル展示記念票(裏)

昭和63年7月9日、午前10時〜午後12時20分、中央改札口入場、神戸駅1番ホーム、エーデル、展示記念票。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、23.7×7.6センチ、表と裏。


新型車両エーデル丹後(キハ65形改造車)は、宮福線開業に伴い、昭和63年7月16日に、新大阪〜天橋立間で、特急としてデビューします。
福知山線内では、電車と気動車の併結運転方式が採用され、電車特急「北近畿」の最後部に、付随車として連結されていました。
平成8年3月16日には、KTR宮福線の電化により、KTR8000形の運用開始に合わせて「エーデル丹後」は、廃止されました。
   
写真の南野陽子さんは、昭和63年〜平成3年迄の3年間、JR西日本のイメージキャラクターを、務めていました。

茜堂-新型電車221系展示票
茜堂-神戸駅221系展示記念票
茜堂-神戸駅221系展示記念票(裏)

平成1年2月26日、午後1時30分〜午後3時49分、神戸駅1番ホーム、新型電車(221系電車)、車両展示会入場整理票。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、21×10センチ、表と裏、モデルは歌手で女優の南野陽子さん。


新型電車(221系電車)は、JR西日本によって初めて、新規に設計製造された系列と成ります。
車体は20m級鋼製で、片側3箇所の両開き扉という、近郊形としては、とてもオーソドックスな構成となっています。

   

相当数の増備が見込まれていた事から、211系や213系で使用された、軽量ステンレス構体は採用されず、
当時は、ステンレスに比べると、安価で有った普通鋼を使用した構体として、登場します。

   

製造メーカーは、近畿車両、川崎重工業、日立製作所と、自社工場で有る、西日本旅客鉄道鷹取工場、及び後藤工場が受け持ちます
登場当時は、新快速運用でしたが、後に普通から快速まで、幅広い運用に投入されています。

茜堂-北陸線新型特急681系展示票
茜堂-681系展示記念票(表)
茜堂-681系展示記念票(裏)
681系電車は、北陸線新型特急車両として、
西日本旅客鉄道と北越急行が、設計製造した、交直両用特急形車両で、
基本編成が、6両(2M4T)で、付属編成として3両(1M2T)で、編成されています。

   

京阪神と北陸地方を結ぶ、特急雷鳥、スーパー雷鳥は、
従来485系電車が、使用されていましたが、高速道路網の整備が進むと共に、
所要時間の短縮と、より質の良いサービスが、
提供が出来る様に製造されたのが、本形式となっています。
   

JR西日本の車両は、川崎重工業、近畿車輛、日立製作所で製造され、
北越急行の車両は、新潟鐵工所のが製造し、
四社工場で、両社を合わせると、102両を製造しています。


平成4年8月1日、午後2時〜午後4時、神戸駅1番ホーム、北陸線新型特急車両(681系電車)、展示記念票。
この画像は、当頁の硬券画像の、80%縮小となっています。本体サイズ、21×9.9センチ、表と裏。

展示記念票の裏面は、航空機のボーディングパスを思わせる、図式化された車内の施設や、編成等の案内が、センス良く施されています。
印刷は、上品な質感のマット調で、要所要所にマット調のニスが、別版で施され、非常にハイセンスな、仕上がりとなっています。

茜堂-関空特急はるか展示票
茜堂=関空特急はるか展示票リボン
茜堂-神戸駅はるか展示記念票
茜堂=関空特急はるか展示票リボン
茜堂-神戸駅はるか展示記念票(裏)

平成6年7月24日、午前10時〜午後3時、神戸駅1番ホーム、関空特急はるか(281系電車)、ハローはるか展、車両展示会入場整理票。
この画像は、当頁の硬券画像の、90%縮小となっています。本体サイズ、14×6センチ、リボン付き、表と裏。

関空特急(281系電車)は、JR西日本が関西国際空港への、アクセス列車として、
関西国際空港開業の平成6年9月4日から、米原駅、草津駅、京都駅〜関西空港駅間で運転している、特急列車です

関西空港駅迄の経由線区は、東海道本線、大阪環状線、阪和線、関西空港線となります。

   

関空特急(Kansai Airport Limited Express、略称Kansai A.P Ltd.Exp)は、新大阪駅と天王寺駅では、
下り列車の場合(関西空港行き)は「関空特急」、上り列車の場合(京都方面行き)は「特急」として、区別をしています。
   

関空特急はるか専用車両の281系電車は、1994年度グッドデザイン賞、第5回ブルネル賞近距離列車部門最優秀賞を、受賞しています。

茜堂-オーシャンアロー展示票
茜堂-神戸駅オーシャンアロー展示記念票
茜堂-神戸駅オーシャンアロー展示記念票(裏)

平成8年7月28日、午後4時10分〜午後5時30分、神戸駅1番ホーム、スーパーくろしお(オーシャンアロー283系)、車両展示会記念入場票。
この画像は、当頁の硬券画像の、90%縮小となっています。本体サイズ、20×7センチ、表と裏。


スーパーくろしお(オーシャンアロー)の、列車名で平成8年7月31日から運転を開始し、翌年には、オーシャンアローに改称されています。
運転開始当初から、1日3往復が運転されていましたが、平成23年3月12日のダイヤ改正での、運用変更により
新大阪駅〜和歌山駅間でも、オーシャンアロー31号が運行され、新大阪駅〜和歌山駅間は、3往復と片道と増便されています。

   

基本的に、京都駅〜新宮駅間を最速で結ぶ列車で、停車駅も少なく設定されていましたが、
通勤需要に対応し、和歌山駅〜白浜駅間では、全停車駅に停車する列車も、1往復設定されていました。
   

平成24年3月17日のダイヤ改正により、くろしおに統合されて廃止されています。

茜堂-奥出雲おろち号展示証
茜堂-神戸駅奥出雲おろち号展示入場証

平成13年1月14日、午後1時30分〜午後2時30分、神戸駅1番ホーム、トロッコ列車奥出雲おろち号、車両展示会記念入場票。
この画像は、当頁の硬券画像の、原寸となっています。本体サイズ、16.4×5.7センチ、表、裏(無地)。


トロッコ列車奥出雲おろち号は、平成10年4月25日から、木次線木次〜備後落合間で、臨時快速として運転が開始されました。
牽引機は、専用塗色のDE15 2558が担当し、12系客車のスハフ12 801、スハフ13 801の3両編成で運行しています。
また、平成22年4月には、DE10 1161も、専用塗色の担当機として、追加参入しています。

   

スハフ13 801は、スハフ12 148を、トロッコ車両に改良した物で、1号車として備後落合寄りに連結されています。
また、スハフ12 801は、スハフ12 3001を改造した、簡易リクライニングシートの控車両で、2号車として連結されています。
   

平成12年には、第7回しまね景観賞(工作物、その他部門優秀賞)を、受賞しています。




硬券分類につきましては、色々な属性がございますので、相違の場合にはご容赦下さいませ。
解説に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
   
茜堂-リンクバー
茜堂-故郷神戸沿線の切符-乗車編茜堂-鐵路趣味