故郷神戸沿線の乗車券/茜堂

故郷神戸沿線の明治から戦前戦中の乗車券類=茜堂
茜堂-故郷神戸駅の切符-赤線入場券茜堂-故郷神戸駅と沿線の切符-異彩記念編茜堂-故郷神戸沿線の切符-乗車続編茜堂-鐵路趣味
茜堂の故郷、神戸沿線の切符達を紹介致します。
神戸市の中央から東側では、横一列に海側から阪神電車、阪国電車(廃線)、国鉄(現、JR)に、阪急電車と併走しています。
収録の対象は、主に硬券切符ですが、一部、時代的背景により、軟券も収録しています。

茜堂-明治時代の乗車券
茜堂-青ベタ乗車券(表)
茜堂-赤ベタ乗車券(表)

明治42年6月11日、舞子(まひこ)〜兵庫(ひやうご)、二等、金貳拾壱銭、右書表示、裏面英文表記、内閣鉄道院。
明治36年5月1日、大坂(大阪=おほさか)〜兵庫(ひやうご)、三等、金参拾六銭、右書表示、裏面英文表記、逓信省鉄道作業局。

明治30年11月1日から、旅客等級を、上等、中等、下等から、一等、二等、三等に変更されます。
染め付けの薄い和紙(麻紙)による、ボール紙への両面貼り合わせ切符、
一等が白色、二等が青色、三等が赤色で推移します。
大阪駅の「お」の字は、一見すると「た」の様に見えますが、これは変体(異体)仮名で「お」を表しています。
   

舞子駅は、明治29年7月1日に、山陽鉄道の垂水駅〜明石駅間に、舞子公園仮停車場として開業し、
明治32年4月1日に、舞子仮停車場に改称しますが、それ迄は、隣の垂水駅が、舞子駅を名乗っていました。
明治39年12月1日には、山陽鉄道の国有化により、官営鉄道に移管され、同時に駅に昇格し、現在の舞子駅となりました。


茜堂-大正時代の乗車券
茜堂-乗車券(兵庫〜和田岬)

大正4年8月7日、乗車券、兵庫〜和田岬、三等、金五銭(通行税金壱銭)、兵庫驛発行、鉄道院、GIR赤地紋。

明治39年10月1日に施行された、官公断線。小児断線と交わるその線形から、エックス断線とも、呼ばれています。
大正年間では、日露戦争での大勝利の影響等もあり、軍や官吏の力が大きくなり、官職割引き制度が定着し、運賃が半額となります。
   

茜堂-乗車券(大阪〜芦屋) 茜堂-乗車券(三ノ宮〜大阪)

大正11年9月13日、乗車券、大阪〜蘆屋(芦屋)、三等、参拾銭、通行税壱銭、鉄道省、過度期GIR赤地紋。
大正11年4月15日、乗車券、三ノ宮〜大阪、三等、五拾銭、通行税壱銭、鉄道省、過度期GIR赤地紋。(硬券の歴史ページにも掲載)


官公断線の表示が「官」の文字から「公」の文字に変更されます。
また、この時代は鉄道省ですが、地紋は鉄道院のGIR地紋が使われていて、過度期GIR地紋と呼ばれています。
   


茜堂-乗車券(西ノ宮〜芦屋)
茜堂-乗車券(鷹取〜兵庫)
茜堂-乗車県(須磨〜三ノ宮)

大正13年3月2日、乗車券(大人専用券)、須磨〜三ノ宮、三等、拾五銭(通行税壱銭)、須磨驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。
以下省略、個々の詳細は、それぞれの切符画像を参照願います。

小児断線の無い乗車券は、大人専用券となっています。まだ、乙片側には綴り穴が開けられていません。
   
左と中央の乗車券では、通行税額表示が有りますが、右の乗車券では、税共表示になっています。
従来の通行税表示の外税方式は、大正14年2月20日から、合算の必要が無い、税共表示の内税方式に、変更されました。

茜堂-昭和初期の乗車券
茜堂-乗車券(明石〜兵庫) 茜堂-乗車券(明石〜須磨) 茜堂-乗車券(明石〜兵庫)
茜堂-乗車券(城崎〜ヒョプ後) 茜堂-乗車券(亀岡〜大阪)
茜堂-乗車券(呉〜三ノ宮)
茜堂-乗車券(三ノ宮〜住吉) 茜堂-乗車券(京都〜須磨)

昭和4年8月19日、乗車券、明石〜兵庫、三等、28銭、明石驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。
以下省略、個々の詳細は、それぞれの切符画像を参照願います。

昭和6年頃から、裏面の券番が従来の明朝体から、ゴシック体に変更されて、昭和10年頃には明朝体に戻されています。
昭和7年8月1日に、数字で唯一残っていた、等級数字の「漢数字」が、他の数字と同様に「算用数字」に、統一される事となります。
右下の券では、小児断線の乙片側の綴り穴が無く、初期の黒点が付けられています。

茜堂-戦前の粁表示乗車券
茜堂-乗車券(龍野〜兵庫)
茜堂-乗車券(灘〜元町)
茜堂-乗車券(住吉〜大阪)
茜堂-乗車券(大阪〜兵庫)
茜堂-乗車券(甲子園口〜兵庫) 茜堂-乗車券(倉敷〜兵庫)
茜堂-乗車券(明石〜須磨)
茜堂-乗車券(姫路〜元町)

昭和8年9月17日、乗車券、龍野〜兵庫、3等、1圓10銭、69.2粁表示、龍野驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。
以下省略、個々の詳細は、それぞれの切符画像を参照願います。
   

影堂-乗車券(須磨〜明石)小影

昭和9年11月24日、乗車券、須磨〜明石、小影入り、3等、9銭、粁表示、須磨驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。

当乗車券には、乗車区間の距離が、粁程にて表示されています。
区間距離を切符面に表示する理由は、良く分かりませんが、昭和7年8月1日から始まり、昭和12年6月1日に廃止されました。

茜堂-戦前の乗車券
茜堂-乗車券(上郡〜三ノ宮)
茜堂-乗車券(六甲道〜灘)
茜堂-乗車券(灘〜三ノ宮)
茜堂-乗車券(摂津本山〜元町)
茜堂-乗車券(加古川〜元町)
茜堂-乗車券(元町〜大阪)
茜堂-乗車券(三ノ宮〜元町) 茜堂-乗車券(住吉〜摂津本山)
茜堂-乗車券(鳥取〜須磨)
茜堂-乗車券(元町〜大阪) 茜堂-乗車券(須磨〜鷹取)

昭和12年10月28日、乗車券、上郡〜三ノ宮(下車印-神戸)、3等、1圓42銭、上郡驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。
以下省略、個々の詳細は、それぞれの切符画像を参照願います。

昭和13年4月1日(前日発布、法律第51号)、日華事変特別税法に因り、乗客に対して通行税を取る事となり、
大正15年に廃止していた、通行税が復活する事になります。
戦争の足音が忍び寄る頃には、関西地域のA型乗車券は、使い切り次第終了となっています。
   

茜堂-乗車券(西ノ宮〜三ノ宮)

昭和16年5月12日、乗車券、西ノ宮〜三ノ宮、3等、25銭、西ノ宮駅発行、B券、鉄道省、GJR赤地紋。

戦時体制の為に、紙資源の節約上、硬券のまま乍ら、順次B券化されて行きます。

茜堂-戦時中の乗車券
茜堂-乗車券(三ノ宮〜京都)

昭和17年4月15日、乗車券、三ノ宮〜京都、3等、1圓55銭、税共、三ノ宮驛発行、鉄道省、GJR赤地紋。

戦中でも、戦前の残りのA型券が、乗車距離の長い券程、売れ残っています。
   


茜堂-乗車券(兵庫〜住吉)
茜堂-乗車券(須磨〜兵庫)

昭和17年12月17日、乗車券、舞子〜西ノ宮、3等、70銭、舞子驛発行、B券、鉄道省、GJR赤地紋。
以下省略、個々の詳細は、それぞれの切符画像を参照願います。

戦時体制の為に、紙資源の節約上、B券化されてます。末期には地紋の無い硬券や、軟券が台頭してきます。
   

茜堂-乗車券(浜坂〜鷹取・神戸)

昭和20年1月14日、乗車券、浜崎〜鷹取神戸間、3等、特別運賃共5圓、須浜坂駅発行(裏面駅表示無し)、B券、鉄道省、GJR赤地紋。
昭和20年4月21日、乗車券、和田岬〜明石、3等、特別運賃共60銭、和田岬駅発行(裏面駅表示無し)、B券、鉄道省、GJR赤地紋。

左の券からは、昭和19年4月1日から実施された、戦時特別運賃加算により「特別運賃税共」の文言が、表記されています。
右の券では、小児断線の乙片側の綴り穴が省略され、初期に使用されていた、黒点が付けられています。
   


昭和20年4月22日、乗車券、明石〜摂津本山、1圓10銭、明石駅発行(裏面駅表示無し)、B券、鉄道省、GJR赤地紋。

戦争も末期状態(終戦、同年8月15日)となる中、更に簡素化され、矢印でも無い只の線のみが、駅間の表示として記されています。
小児断線の乙片側の綴り穴が省略され、黒点が付けられた上に、3等の表示までも省略されています。

茜堂-戦時対応の工地紋軟券
茜堂-乗車券(塚本〜元町)工地紋 茜堂-乗車券(摂津本山〜兵庫)工地紋

昭和20年11月2日、乗車券、塚本〜元町、3等、1圓、軟券、補充式片道乗車券(大阪驛備付)、運輸省、広島工赤地紋。
昭和20年12月26日、乗車券、摂津本山〜兵庫、3等、40圓(運賃訂正)、軟券、補充式片道乗車券(住吉驛備付)、運輸省、広島工赤地紋。


戦時対応の、広島工地紋の軟券ですが、日付けは共に戦後となります。
   
戦争の激化で、鉄道省GJR地紋台紙(右側の券)の、印刷配給が遅れがちになり、
これに困窮した広島印刷場が、場内でも地紋印刷が可能な様にと、昭和19年9月30日に、考案された簡易地紋です。
従来の地紋と並行して、各局(名鉄局、大鉄局、門鉄局、後に仙鉄局)でも、使用出来る様になりました。
   
上記画像にある、短距離用の乗車券では、工の字を4倍に、拡大した物が使用されました。
また旅規では、昭和22年8月から、軟券用として距離に関係なく、工の字を4倍に、拡大出来る様に改規されますが、
昭和24年4月30日、戦時中の臨時規定を整理した際に、同地紋は廃止されました。

茜堂-終戦直後の軟券
茜堂-乗車券(神戸〜大阪)
茜堂-乗車券(芦屋〜三ノ宮) 茜堂-乗車券(神戸〜天王寺)

昭和20年10月7日、乗車券、芦屋〜三ノ宮、3等、特別運賃共30銭、軟券、
連続券、芦屋驛発行、運輸省、GJR赤地紋流用、上下濃淡別地紋。
昭和21年7月29日、乗車券、神戸〜天王寺、1圓40銭、軟券、5片連続券、
3等表示省略券、神戸驛発行、運輸省、GJR赤地紋流用。


終戦直後の軟券には、正規の地紋券が、印刷される様になりましたが、
混乱期の為に、年を経る毎に、紙厚も薄くなっていきます。
   
左の券には、3等表示が成されていますが、
これは、3等表示省略券が始まる、昭和20年4月1日以前の券の流用券です。
特殊な割引運賃近郊用の流用券なのか、上下濃淡別地紋が施されています。
茜堂-乗車券(神戸〜大阪)

昭和22年3月31日、乗車券、神戸〜大阪、3等、2圓80銭、軟券(薄)、連続券、3等表示省略券、神戸驛発行、運輸省、GJR赤地紋流用。
昭和22年4月16日、乗車券、神戸〜大阪、3等、3圓40銭、軟券(極薄)、連続券、3等表示省略券、神戸驛発行、運輸省、GJR赤地紋流用。

右列の、昭和22年4月16日発行券では、上段の、昭和22年3月31日発行券と比べても、運賃が値上がりしているにも関わらず、
わら半紙を使用する等、紙質も更に貧相になり、紙厚も透ける程、格段に薄くなっています。
   
また、この時期の券には、昭和20年4月1日に始まった3、等表示省略がなされていて、以降6年間も、3等の表示がされなくなります。
戦後の混乱も落ち着き、昭和26年4月1日には、全ての乗車券に、3等表示が完全復活する様になりました。
   
上記終戦の解釈では、終戦の日を、8月15日としているが、アメリカ、イギリス、フランス、カナダ、ロシアでは、9月2日としている。
これは、ポツダム宣言に因る、降伏文書(旧線協定)に、日本が調印した日から来ています。
因に、ソ連時代では、9月3日としていた。これは、翌日に行った、対日戦勝祝賀会に起因しています。
この、9月3日は、中国や、台湾も終戦記念日と捉えています。韓国や北朝鮮では、開放の日として、8月15日としています。
   
斯様に、戦争が終結したとされる日については、諸説が有り、概ね次の様になっています。

昭和20年8月14日、日本政府が、ポツダム宣言の受諾を、連合国各国に通告した日とする。
昭和20年8月15日、玉音放送(昭和天皇による、終戦の詔書の朗読放送)により、日本の降伏が、国民に公表された日とする。
昭和20年9月2日、日本政府が、ポツダム宣言の履行等を定めた、降伏文書(休戦協定)に調印した日とする。
昭和27年4月28日、日本国との、平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により、国際法上、
連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と、日本の戦争状態が、終結した日とする。




当ページの掲載写真は、茜堂による、デジタル画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
解説に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
   
茜堂-故郷の切符茜堂-神戸沿線の異彩券・記念券茜堂-神戸沿線の路面乗車券茜堂-鐵路趣味