故郷神戸駅の地図券/茜堂
茜堂-リンクバー

神戸駅発行の地図式乗車券=茜堂
茜堂-故郷神戸駅の切符-乗車編茜堂-故郷神戸駅の切符-種別編茜堂-鐵路趣味
茜堂-地図式の乗車券 地図式片道乗車券は、昭和10年6月15日から首都圏にて、A型券で試用された後、
昭和15年12月1日(昭和15年10月31日=鉄道省告示第236号)の改正で、地図式の様式が制定されました。
関西では、昭和30年4月1日に、B型券にて登場します。残念ですが、関西では、地図式でのA型券の発行は、一切有りません。
   
地図式片道乗車券は、鉄道切符としては、我が国独自の物で、乗客の下車駅を地図で示した物です。
複雑な路線でも、目的地迄の経路が把握でき、その土地に不慣れな乗客にとっても、非常に分かりやすい乗車券です。
   


茜堂-地図式乗車券(神戸〜3等10円)2枚


■昭和30年4月1日=様式制定。

昭和33年3月15日発行、地図表示、
昭和33年10月19
日発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

当券では、同運賃で有る、兵庫駅から出ている、和田岬線が描かれていません。
神戸駅〜鷹取駅間は、5.1Kmで、神戸駅〜和田岬駅間は、4.5Kmであり、どちらも6Km迄の、営業距離内となり、
同じ初乗り運賃ですが、様式美を優先させたのでしょうか、地図の配列は、右側を上り方向、左側を下り方向としています。
   
茜堂-神戸駅地図式イメージ

上記掲載の航空写真画像は、昭和60年10月15日撮影の、国土交通省画像(画像整理番号=CKK-85-4-C12A-18)から、
正規の方法で、データ購入(画像オーダー番号=E-4D30-026)をした物です。
   
神戸駅の直下には、昭和60年3月14日廃止の、東海道本線貨物支線(神戸臨港線)湊川駅跡の、広大な姿が良く分かります。
   

茜堂-線幅改定券
茜堂-地図式乗車券(神戸〜10円3等)


■昭和33年10月1日=様式改定。

昭和34年1月18日発行、地図表示、
昭和34年5月26日発行、地図表示、
昭和35年6月17日(自2)発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。
従来の、有効路線図幅が、
インク節約の為も、有ってか、
可成り細くなりました。

昭和33年10月1日(昭和33年9月24日=国有鉄道公示第325号)の改正で、
従来は乗車運賃の前に有った、等級表示が、運賃の次に、等級が表示される様になりました。
昭和35年7月1日(昭和35年6月23日=国有鉄道公示第294号)の改正で、廃止される前の、3等級時代の乗車券です。
   
当券では、上段の地図券には、描かれていなかった、同運賃で有る、兵庫駅から出ている、和田岬線が描かれています。
   
関西では大都市圏を中心に、昭和30年頃には、神戸駅を含め、以前の手動式券売機と同じ単能式乍ら、
ある程度の駅には、電動券売機が設置され、窓口発行同様(硬券)での、最低運賃の地図式券が発売されます。
日付横の(自1)や(自2)の表記は、券面裏に記されていて、自動券売機券である事を表し、数字は循環符合となります。
   

茜堂-無訂正流用券
茜堂-地図式乗車券(神戸〜10円3等)流用券


■昭和35年7月1日=制度改定。

昭和35年10月22日(自1)発行、地図表示、
昭和36年2月23日発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。
昭和35年7月1日からの、
等級が、2等に変更されていない、
無訂正流用券。

昭和35年7月1日、改定後の前様式で有る3等券を、無訂正にて、そのまま流用をしています。
各窓口で残部が異なる為、下段の券の様に別の窓口では、新券が発売されているにも関わらず、旧券を使用している様です。
   

茜堂-地図式乗車券(神戸〜10円2等)


■昭和35年7月1日=制度改定。

昭和36年1月20日ヨ(自2)発行、地図表示、
昭和36年2月8日(自1)発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和35年7月1日(昭和35年6月23日=国有鉄道公示第294号)の改正で、3等級制から2等級制に変換され、
旧3等が新2等へ、旧2等が新1等へ、それぞれ名称の変更ががなされ、切符上から、3等の文字が無くなります。
当券は、2等級制時代券で、3等から2等へ名称が変わっただけで、どちらも同等で、乗車距離や価格等、同じ切符となります。
   

茜堂-地図式乗車券(神戸〜20円2等)


■昭和41年3月5日=運賃改定。

昭和41年9月12日(自1)発行、地図表示、
昭和41年10月29日(自1)発行、地図表示、
昭和42年6月2日(自1)発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和41年3月5日から、初乗り運賃が20
円に値上げされ、発駅から5Km迄の、営業距離内となっています。
   

茜堂-赤地紋変更券
茜堂-地図式乗車券(神戸〜20円2等)


■昭和42年詳細不明=制度改定。

昭和42年12月5日(自1)発行、地図表示、
昭和42年12月15日(自1)発行、地図表示、
昭和43年1月6日発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。
昭和42年頃から、
従来の、2等青地紋から、
赤地紋券へと、変更されました。

上段枠とは
同一券の、20円2等券ですが、昭和42年頃の制度変更により、従来の青地紋券から、赤地紋券へと変更されます。
中の券では、打刻時の不具合から、ダッチングが欠けていますが、実券では何とか日付の判読が可能です。
   

茜堂-等級制廃止券
茜堂-地図式乗車券(神戸〜160円)2枚
茜堂-地図式乗車券(神戸〜190円)3枚


■昭和44年5月10日=制度改定。

昭和46年7月31日発行、地図表示、
昭和47年4月26日発行、地図表示、
昭和45年9月5日発行、地図表示、
昭和46年8月16日発行、地図表示、
昭和46年10月6日発行、地図表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。
昭和44年5月10日からの、
等級制度、廃止後の、
モノクラス制に依る、地図式券。

昭和44年5月10日(昭和44年5月9日=国有鉄道公示第102号)の改正で、等級制が廃止され、モノクラス制となり、
全ての切符表示から1等、2等の文字が無くなりました。



神戸駅発着の矢印式乗車券=茜堂

茜堂-矢印式の乗車券 矢印式の乗車券は昭和3年9月1日に、東京近郊の省線電車特定運賃区間で、初めて使用開始されました。
   


神戸〜矢印式乗車券(神戸〜灘)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和17年8月3日戦時発行、矢印式表示、
鉄道省、
大阪印刷場印刷券。

昭和15年12月1日(昭和15年10月31日=鉄道省告示第236号)の改正で、乗車券のサイズに、変化が見られる様になり、
発着区間40粁以下の場合に限り、乗車券を従来のA型から、B型サイズへと改定される事になります

戦争が激化した時代には、戦時節約に因って、A型券は激減し、小振りのB型券が主流となって行きます。
   

神戸〜矢印式乗車券(神戸〜大阪)小児


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和25年9月3日発行、矢印式表示、
鉄道省、
大阪印刷場印刷券。

昭和18年7月1日(昭和18年5月29日=鉄道省告示第131号)の改正で、乗車券は全てB券サイズに制定されました。
尚、昭和25年頃から、汽車区間や、40Km以上の発着区間の乗車券で、徐々にA型券が復活をします。
   

昭和19年〜25年頃迄、戦時戦後体制に因る、印刷度数節約の為、小児専用乗車券の影文字が、省略されています。
従来、中央に有った小影の変わりに、ご覧の様に、券面右橋に(小児)の文字が、スミで大きく、印刷表記されています。
また、3等の等級表示が省略されています。これは圧倒的な数の、3等表記の字組の手数を減らす為の、手段となっています。
   

神戸〜矢印式乗車券(神戸〜三ノ宮)
神戸〜矢印式乗車券(舞子〜神戸)
神戸〜矢印式乗車券(神戸〜摂津本山)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和28年10月16日発行、矢印式表示、
昭和29年5月31日発行、矢印式表示、
昭和33年9月16日発行、矢印式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

当券は、発着区間が40Km以内の乗車券の為、B型券で発行をされています。
これは、昭和15年12月1日(昭和15年10月31日=鉄道省告示第236号)の改正に、基づいています。
   

神戸〜矢印式乗車券(神戸〜西宮)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和34年10月21日発行、矢印式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和33年10月1日(昭和33年9月24日=国有鉄道公示第325号)の改正で、
従来は乗車運賃の前に有った、等級表示が、運賃の次に、等級が表示される様になりました。
   
矢印式の乗車券には、上段の様に、上り方面か下り方面の、一方向のみを表示する、片矢印式片道乗車券と、
下段の様に、上り方面と下り方面の、両方向を表示する、両矢印式片道乗車券の二種類が存在します。
   

茜堂-両矢式券
神戸〜両矢印式乗車券(三ノ宮〜神戸〜兵庫)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和38年8月16日発行、矢印式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。
矢印式片道乗車券で、
上りと下りの、乗車券を1枚の切符に、
節約型の、アイディア切符です。

神戸駅では珍しく、入鋏が予備の「M」型となっています。不正使用の対策日だったのかも知れません。
   

神戸〜両矢印式乗車券(三ノ宮〜神戸〜兵庫)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和36年9月13日発行、矢印式表示、
昭和36年12月14日発行、矢印式表示、
昭和37年6月12日発行、矢印式表示、
昭和37年10月16日発行、矢印式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

券売機券で様式的には、下段の券と同様ですが、乙片の循環符合が、平仮名で表記されています。
   

神戸〜両矢印式乗車券(三ノ宮〜神戸〜兵庫)
神戸〜両矢印式乗車券(芦屋〜神戸〜垂水)
神戸〜両矢印式乗車券(芦屋〜神戸〜舞子)


■昭和3年9月1日=矢印開始。

昭和40年4月28日発行、矢印式表示、
昭和40年10月16日発行、矢印式表示、
昭和40年12月24日発行、矢印式表示、
昭和38年10月23日発行、矢印式表示、
昭和42年3月24日発行、矢印式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

両矢印式には、画像の様な初期の券では、上り方面を左側に、下り方面を右側に配列していますが、
後に、地図式と同じ様に右側を上り方面にし、左側を下り方面に配列されています。
詳細は、 故郷神戸沿線の切符-乗車続編 を、
ご覧下さいませ。
   
こちらの乙片の符合は、算用数字で表されています。



神戸駅発行の金額式乗車券=茜堂

茜堂-金額式の乗車券 着駅を、そこ迄の運賃のみで示す乗車券は、印刷が容易な上、口座数を大幅に減らせる為、
戦時の略式券として、昭和19年6月1日に、東京付近国電特定区間の軟券で、暫定的な金額式乗車券として、誕生しました。

   


茜堂-金額式乗車券(神戸〜10円)


■昭和19年6月1日=暫定開始。

昭和36年5月22日ヨ-翌収発行、金額式表示、
昭和36年5月26日発行、金額式表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

運賃の改訂時に、着駅が記された、正規の乗車券が間に合わない場合に、暫定的な措置として、
上記の様な、金額区間のみを表示した、金額式の乗車券(暫定金額式乗車券)が、発行されました。
日付後部の「ヨ」は、翌収扱いの印となり、詳細は 茜堂-謎の記号と不思議な落書き を、参照願います。
   

印刷も含め、その合理性が高い為、昭和45年10月1日からは、正規の様式となり、広く活用されています。
金額式乗車券は、鉄道側には汎用での合理性と言うメリットが有りますが、乗客側から見れば、着駅名が記載されていない為、
旅行者や駅名に不案内な方には、非常に不便な切符となっています。



神戸駅着の発行が稀な常備代用乗車券=茜堂

茜堂-代用の切符 小田原駅から神戸駅への、からゆき表示の、非常に珍しい、常備代用の硬券乗車券です。
   


茜堂-代用券(小田原〜神戸)


■昭和24年9月6日=様式制定。

昭和41年10月16日発行、常備代用券、
国鉄、
東京印刷場印刷券。

常備券の在庫が切れたり、納品遅れ等で、常備券の発行が出来ない場合に使われます。
当乗車券は、小田原駅で発行された、小田原駅発、神戸駅行きの常備代用券で、
性質上、常備代用券は、使われる事自体が余り無く、使われても少数で、非常に稀な硬券乗車券となっています。
   
昭和24年9月6日(同日=国有鉄道公示第105号)の改正で、
有効区間の表示を、従来の「よりゆき」表示から、現在の「からゆき」表示に変更されました。
   


茜堂-乗車券(神戸〜小田原)


■昭和24年9月6日=様式制定。

昭和42年11月8日発行、からゆき表示、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

上記は、神戸駅発行の常備券で、逆の神戸駅から小田原駅ゆきの、片道乗車券です。
上段の常備代用券と比べてみると、切符の格式も高く様式の違いが、良く分かると思います。



神戸駅発行の経路変更券=茜堂

茜堂-経路変更券 区間変更は、原乗車券類と異なる着駅、経路に変更する事で、乗越し、方向変更、経路変更の3つに区分されます。
   


茜堂-経路変更券(神戸〜名古屋)


■昭和39年10月5日=運行開始。

昭和41年11月28日発行、経路変更券、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

区間変更は、一般的に車補によって処理出来きますが、有る種の区間変更が頻発する状況が、発生する場合、
その区間の乗車変更専用の、常備券が作り置かれる事となります。
この券では、神戸〜名古屋間の東海道本線を、経由する乗車券から、名神高速線を経由する為の、経路変更をしています。



神戸駅発着の高速バス乗車券=茜堂

茜堂-バス乗車券 昭和39年10月5日から、日本初の高速バスが、名神高速道路の名古屋〜神戸間で運行されます。
 


茜堂-名神乗車券(神戸〜京都深草)
茜堂-名神乗車券(神戸〜名古屋)
茜堂-名神乗車券(名古屋〜神戸)


■昭和39年10月5日=運行開始。

昭和40年4月12日ヨ=翌収発行、英文字表併記券、
昭和41年3月9日発行、英文字表併記券、
昭和42年8月3日発行、英文字表併記券、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和39年10月5日(昭和39年10月3日=国有鉄道公示第48号)に、名神ハイウェイバスが開業します。
名神ハイウェイバスの路線名称は、名神高速線となり、日本初の本格的な、昼行便の高速乗合バスの、路線となっています。
   
昭和41年3月5日に、5年振りに運賃・料金改定が行われ、初乗り運賃が10円から20円に、変更されています。
上から2段目の券は、その運賃改定4日後の券で、乗車料金650円に対して、
国鉄在来線の普通運賃は、2等で830円と、バス券の方が、180円も安くなっています。
在来線を、普通料金で乗継ぐ事を考えれば、高速バスの方が、楽でリーズナブルな移動手段の様です。
   
昭和初期から、一部の1等、2等乗車券券に対して始まった、英文字併記(駅名=マクロン付きのローマ字)の乗車券ですが、
料金表示に「¥」と「円」と、両方が並ぶ、変則的な券となっています。
   

茜堂-名神乗車券(神戸〜名古屋)
茜堂-名神乗車券(東京〜神戸ポート博)


■昭和39年10月5日=運行開始。

昭和52年3月23日発行、発時指定用、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和56年8月3日発行、神戸ポート博行き、
国鉄、
東京印刷場印刷券。

下段の券は、昭和56年3月20日〜9月15日に開催された、神戸ポートアイランド博覧会「ポートピア'81」会場行きの、
東京からの専用乗車券で、同日付けの指定券(ドリームポートピア'81号)は、下段の下に別途掲載しています。
 

茜堂-指定券
茜堂-名神乗車券(神戸〜東京)
茜堂-名神指定席券(神戸〜)
茜堂-名神指定席券(神戸〜東京)
茜堂-名神指定席券(東京〜神戸ポート博)


■昭和39年10月5日=運行開始。

昭和48年7月31日発行、ドリーム10号、
昭和51年4月26日発行、ドリーム10号、
昭和51年11月20日発行、ドリーム10号、
国鉄、
大阪印刷場印刷券。

昭和56年8月3日発行、ドリームポートピア81号、
国鉄、
東京印刷場印刷券。
名神高速線の、
夜間運行バスの、ドリーム号の、
号車、座席の指定券です。

上段3枚は全て、ドリーム10号の指定席乗車券で、深夜に神戸してを発車で、翌日の早朝に東京駅へ到着します。
夜行列車のバス版の様な物です。3枚目の券は、乗車券と指定券とで、一葉化されています。
   

名神高速線神戸系統は、昭和53年4月1日に廃止され、残念乍ら、神戸駅での発着は無くなってしまいます。
その後、昭和63年7月2日に、神戸系統が再開されましたが、三ノ宮駅での発着に、変更されています。
昭和46年10月1日には、既に三ノ宮駅前から、鉄道連絡駅として、三ノ宮駅に改駅しています。
   
尚、平成26年10月5日〜翌年2月末迄の期間限定で、高速バス開業50周年記念事業で、神戸駅発着が復活しました。




当ページの切符枠画像と、他のページの切符切抜画像とでは、拡大比率が異なっています。
解説に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、
責務を負えない事をご了承願います。
   
茜堂-リンクバー
茜堂-故郷の切符茜堂-神戸駅の種別券茜堂-神戸駅の軟券・サボ茜堂-鐵路趣味