鉄道親爺の脱線話/茜堂

唯我独尊、茜堂の鉄道親爺の脱線話=akanedou

兼ねてから、茜堂が気になっていた事柄を、不定期列車にて、ピックアップ致していきます。
勿論、物事には表現の自由がございますので、これが正しくあれが間違いと、一方的に断罪するものではございませんが、
当ホームページに措いては、
以下の解釈にて展開させて頂かせておりますので、
色々なご意見が有りますでしょうが、茜堂の鉄道親爺の独り言として、ご容赦下さいます様お願い申し上げます。

茜堂-コーナーマーク
2017/1/15/SUN=エラ〜い事です枠が無い切符
大人専用券と小児券、見比べて見ると、小児券には発駅表示の新神戸に、枠囲みの罫線が有りません。
不正使用防止用の、対策券では無く、明らかに、罫線忘れのエラー券で、エラ〜い事です、枠が無い切符となっています。
別段、乗客側には何ら不都合は無いので、当然の事乍ら、切符愛好家以外は、気にはしないし気付きもしません。
   

故に切符愛好家は、喜ぶ事は有ったとしても、1月1日の目出度い日に、エラー券なんてと、野暮な突っ込みは、恐らく皆無でしょう。
年明け一番にわざわざ、新神戸駅迄、新幹線の乗車区間200円を、購入するなんて、全くの確信犯で有り、
情報を元に手薬煉引いて、元旦一番に満を持しての購入、大阪印刷場さんには、申し訳ないが、してやったりの逸品である。
   
発駅表示の枠囲みは、活版では活字の周囲を、罫線で一本ずつ、然も、4か所も埋め込まなければならなく、
非常に面倒臭く、更に罫線と罫線の接点には、つなぎ目として隙間等の空きが空いたり、ずれたりとやっかいな存在です。
掲載の大人専用券では、罫線は駅名と一体化された、凸版が埋め込まれていて、非常に綺麗に仕上がっています。
   

新神戸駅から新幹線で、大人料金200円での乗車は、上り方面、新神戸駅〜新大阪駅間の、36.9Kmに相当します。
尚、下り方面では、新神戸駅〜西明石駅間は、22.8Kmの為、大人運賃は120円で済みます。
また、新神戸駅〜姫路駅間では、54.8Kmとなり、大人運賃は290円となりますので、上り一駅間の乗車券となります。
   


茜堂-新神戸〜200円区間券 茜堂-新神戸〜200円区間券(裏)

昭和51年1月1日、金額式乗車券、新神戸〜200円、新神戸駅発行(元旦1番券)、国鉄、JNR赤地紋。
   

茜堂-新神戸〜100円区間小児券 茜堂-新神戸〜100円区間小児券(裏)

昭和51年1月1日、金額式乗車券(発駅囲罫抜けエラー券)、新神戸〜100円、小児券、新神戸駅発行(元旦1番券)、国鉄、JNR赤地紋。

少し複雑な新神戸駅、神戸市は海と山が近く市街地が縦に狭く、更に阪神、阪急に挟まれた在来線とは、スペース的に接続出来ず、
山中を通すしか、新幹線の建設に道は無く、辛うじて六甲山の山麓に、スペースを設けて、新神戸駅を設備しています。
ホームの両端には、六甲隧道と、神戸隧道の両トンネルの、坑口が間近に見る事が出来ます。
   
その為、全列車が停車するにも拘わらず、待避線も設備出来ず、2面2線で、本線に直接ホームを設けています。
因みに、新神戸駅にのぞみを含む、全列車が停車するのは、神戸空港〜羽田空港間への利用客流出を、防ぐ為だと言われています。
   
路線戸籍上、新神戸駅は神戸駅と同一扱いとなり、山陽新幹線は当駅を境に、東を東海道本線、西は山陽本線の別線扱いとなっています。
新神戸駅には、在来線が乗り入れていない為、運賃計算でも、新幹線の新神戸駅は、在来線の神戸駅と同一駅として、扱われていますので、
全口座を持ち、新幹線の一駅区間に満たない乗車券は、運賃的に全て在来線の、神戸駅からの乗車となります。
   
また、神戸市内発着の乗車券に限り、新神戸駅、及び在来線の三ノ宮駅、元町駅、神戸駅、新長田駅では、
新幹線と在来線を乗継ぐ為、途中出場が出来る事が、JRの旅客営業規則157条に於いて、選択乗車として定められています。
在来線での最短駅は三宮駅ですが、距離的に1.3Km程有り、神戸市営の地下鉄線を使うか、バス、TX、或いは無料の徒歩となる。
   
勿論、その間に掛かる経費は、別途、必要となって来ますので、お急ぎで無ければ、景色と風を感じ乍らの徒歩が、お勧めです。
歩きは、県道30号の東側を歩きます、何故ならば、加納町3丁目の交差点を、陸橋を使わなくても、最短で渡れるからです。
新幹線側からは、緩やかな下り坂、当然、在来線側からは、緩やかな登り坂となります。




あくまで茜堂の親爺の独り言でございますので、概ね独りよがりです。相違の場合にはご容赦下さいませ。
当ページの掲載写真は、茜堂による、収集切符のデジタル切抜き画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
記述に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
   

茜堂-リンクバー
茜堂-鐵路趣味茜堂-鉄道親爺の脱線話-目次