鉄道親爺の脱線話/茜堂

唯我独尊、茜堂の鉄道親爺の脱線話=akanedou

兼ねてから、茜堂が気になっていた事柄を、不定期列車にて、ピックアップ致していきます。
勿論、物事には表現の自由がございますので、これが正しくあれが間違いと、一方的に断罪するものではございませんが、
当ホームページに措いては、
以下の解釈にて展開させて頂かせておりますので、
色々なご意見が有りますでしょうが、茜堂の鉄道親爺の独り言として、ご容赦下さいます様お願い申し上げます。

茜堂-コーナーマーク
2013/3/10/SUN=ズレるLED方向幕の撮影
最近の行先表示は、従来の方向幕から、LEDのダイナミック点灯制御の為、撮影で全表示を映すには、
車両により、LEDの特性にはバラツキが有り、撮り易い車両や撮りにくい車両等、様々ですが、
撮影機器のシャッタースピードが、LEDのダイナミック点灯と、シンクロしない限り、残念乍ら映す事は出来ません。
   

大凡、1/100秒か、1/125秒での、シャッタースピードでの撮影では、全表示撮影が可能な様です。
デジカメの場合、撮影時の撮影モードは、シャッタースピード優先となってしまうので、絞りの自由な選定が出来ません。
増感等を試みないと、露出によっては絞りが稼げず、被写界深度が取れ無い為に、ピンが甘い部分が発生する場合が有ります。
   
又、走行写真では、車両のスピードと被写体との距離の関係等で、シャッタースピードが追付かず、ブレを発生する場合が有ります。
それこそTPOに合わせて、撮影するしか有りません。晴天時では、長玉でシャッタースピードを1/125秒に設定しておけば、
かなり絞りも稼げますので、走行車両の全編成のシビアなピントも夢では有りません。
   
暇な時に、各種車両で色々とテスト撮影を行って、自分用のデータを作成する方法が、ベストショットへの近道だと思います。
今迄は、別段、気にも止めては居なかったのですが、昨今、LED表示車両が、主流に成りつつ有りますので、
何らかの、撮影対策は必要だと、今更乍ら痛感しています。
   

茜堂-直方駅817系
平成24年7月24日、撮影。

817系、左側、2000番台(VG2001編成)、待機。右側は、1000番台(VG1103編成)で、折尾行き、筑豊本線(筑北ゆたか線)、直方駅。
LEDダイナミック点灯制御で、行先表示の画像流れ。

行き先表示板のLED表示が、双方とも完全にズレています。シャッタースピードは、1/250で撮影をしています。
このスピードでは、LED表示を決めるには、早すぎる様で、1/125迄下げなければなりません。
ピーカンで絞り切っても、シャッタースピードを下げられなければ、ISO感度を下げるか、フィルターを掛けなければなりません。
   


茜堂-博多駅817系
平成24年12月3日、撮影。

817系、2000番台(VG2002編成)、鹿児島本線回送、篠栗線(筑北ゆたか線)、博多駅。
LEDのダイナミック点灯制御で、行先表示可読。

こちらの画像では、列車の行先表示や、駅ホームの案内表示は、しっかり映っています。尾灯が綺麗なので、全て後ろ写真です。
シャッタースピードは、1/125で撮影をしています。但、停車時での撮影では、全く問題は無いのですが、やはり走行時の撮影では、
このスビードでは心許なく、1/250位にしたいです。走行時は車体を決めるか、表示を決めるか、判断が難しいところです。
   

両方を得るには、やや正面から狙い、望遠で列車の動きをセーブさせた上で、1/125のシャッタースピードで納める等、
有る程度の対処法や、それなりの技巧を、凝らさなければなりません。
   

817系1000番台と2000番台とは、外観が大きく事なっています。まずは、アルミシルバーのへアライン仕様から、
200番台では、アルミの白色塗装に変更され、正面は、窓下が黒色の鏡面仕様から、黒色のコルゲート仕様に、変更されています。
更に、正面スカートの丸窓が、塞がれています。内装では、従来の転換クロスシートから、ロングシート化されています。




あくまで茜堂の親爺の独り言でございますので、概ね独りよがりです。相違の場合にはご容赦下さいませ。
当ページの掲載写真は、茜堂による原盤ネガや原盤ポジからの画像やデジタル画像の為、無断複写や画像への直リンクは禁じております。
記述に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
   

茜堂-リンクバー
茜堂-鐵路趣味???∞-?S?π?e?????E???b