旅のお供の駅弁物語-続編/茜堂

姿物のお弁当も、また楽しからずや=茜堂

茜堂-新幹線がお弁当になった
旅の記念に、形態が楽しいお弁当を紹介。
有名処では、ご存知、新神戸駅の淡路屋、新幹線みずほさくら弁当。
N700系7000番台を、可愛いくショーティーにした陶器製の容器に、鹿児島までの名産が乗っかっている。
●     
こちらのお弁当は、ウンが良ければゲット出来る。但、お弁当としては、大人の胃袋から見てやや容量が少な過ぎます。
そして超ウンが良く無いと買えないのが、同じく淡路野の923形T5編成ドクターイエロー弁当です。
こちらは、過去何度も挑戦したが、中々ゲット出来ない。
仕方が無いので電話予約を入れて、平成24年2月19日の、のぞみ39号乗車時にゲット。
●     
聞く所に因ると、ドクターイエロー弁当は、普段は1日5食しか作らない様です。
こちらは、後日談があって、苦労してゲットした翌々日に、
最寄り駅の筑前大分駅前、Aコープの駅弁祭に、何と予約販売されていた。
夕方、店に見に行ったら、販売品で残っていた。苦労して手に入れたのに、少しショックな出来事でした。
●     
茜堂-N700系弁当 茜堂-ドクターイエロー弁当
可愛い、淡路屋の新幹線車両達。
価格は、それぞれ1両1050円、紙ケース付き、陶器製の器です。
大食漢には、少し物足り無い容量ですが、
鉄ちゃんには、とても楽しみな、お弁当です。
実機、923形3000番台と同じく、滅多にお目に掛かれない、ドクターイエロー弁当、ロマンを演出、駅で買えたらラッキー感満載。
●     
茜堂-923形3000番台T5編成
お弁当と同じ、923形3000番台T5編成、新幹線電気軌道総合試験車ドクターイエローです。
平成25年10月20日、博多総合車両所で撮影。両方の画像の中寄りに、九州新幹線の高架が見えます。
●     
そしてもう一つ、博多駅の北九州駅弁のさくら辯當(旧漢字なので打込みも大変)、
プラ製ですので、ショーティー乍ら、N700系7000番台のイメージを細部にまで表現し、中々のディテールを誇っています。
容量的に、淡路屋のお弁当と余り変わりません。容器は少し大きいのですが、先端部分はカバーされ、先まで食料は詰まっていません。
●     
茜堂-N700系弁当
こちらのN700系(さくら辯當)は、ややスマート。
価格は1150円、容器はプラスティック製、アクリル透明ケース付き。
こちらも中身は、少し物足りません。
でも、鉄ちゃんには嬉しい、お弁当です。
次ぎも、淡路屋の駅弁、JR500、500系新幹線弁当。
日本で初の時速300Kmを実現した、JR西日本の新幹線500系車両を、可愛くショーティーに陶器で表現。
●     
当車両は、平成8年(1996年)には、通商産業省(現、経済産業省)の、グッドデザイン商品選定の商品デザイン部門での選定を受けました。
また、平成10年(1998年)には、第41回鉄道友の会ブルーリボン賞を、受賞しています。
●     
茜堂-500系新幹線弁当
500系新幹線弁当(淡路屋)。
価格は1両1200円、陶器製、紙ケース付き。
ショーティー乍ら、とても良い感じに、表現されています。
播州百日鶏を盛り付けた、鶏飯。
次ぎは駅弁では有りませんが、九州新幹線の特急つばめ800系の、陶器製の芋焼酎(25%、360ml)。
ジェイアール九州商事のさつま島美人(長島研醸)、陶器乍ら大きさも結構有り、細部に渡りそこそこイメージを醸し出しています。
●     
茜堂-九州新幹線つばめプレミアムボトル
特別出演です。
いも焼酎、陶器製の容器です。お弁当と比べて縮小しています。
九州新幹線つばめプレミアムボトル。
価格は1980円。
容器の楽しい姿物のお弁当は、各地に点在していますが、やはり鉄チャンとしては、そこはそれ、鉄モノでないと頂けません。
但し、地域限定のオリジナルな物でなければ、興味はそがれてしまいます。お酒も同様です。
●     
以前、旅先で、お酒のボトルが、D51風SLの形をした物を見付けたのですが、悩んだ末に購入を躊躇しました。
地域的に、D51は無いんじゃないのと思ったのが、購入を思い留まった最大の要因だったのです。
実はそのボトル、有る容器メーカーさんの量産品で、地域が重複しない様に限定販売されている、仕入れ容器でした。
容器のサンプル帳には確か、ガラス製と陶器製の2タイプが有った様に記憶しています。
●     
茜堂-E5系弁当
こちらのE5系(吉田屋)は、結構スマート。
価格は1150円、容器はプラスティック製、紙ケース付き。
こちらも中身は、少し物足りません。
ノーズ部には、仕切りが有って空洞です。
東北新幹線E5系はやぶさのお弁当は、明治25年創業の老舗店、大間のマグロ料理でも有名な八戸駅の吉田屋さん。
昔は旅館もやっていたので、味の方は別格です。E5系はやぶさをデフォルメした、紙箱付きのお弁当。
●     
いつも、お弁当の外側のみでお許し下さいませ。当ページは最上段にも記して居ります通り、 収録は、駅弁の掛け紙のみが中心となります。
中身を、皆様にご披露する為の撮影よリも先に、つい口の中に入れてしまう、我慢を知らない食いしん坊なので、お許し下さいませ。
また、昨今の駅弁事情から、昔の様な情緒豊かな掛け紙が、見られ無くなって来ていますので、少し寂しい思いもしています。

その内、お弁当の中身披露のページに、衣替えするやも知れませんが、その節もよしなにお付合い下さいませ。
以上の価格表示は、全て当時の税込み価格です。拡大率は異なっています。



明石蛸漁の蛸壺が、美味しいお弁当に変身=茜堂

茜堂-明石の蛸壺風な駅弁
旅の記念に、形態が面白い淡路屋のお弁当を紹介。
明石のタコ漁に使う蛸壷を、モチーフにしたところが、食欲をそそります。
うれしい事に、容器の頭には、蛸のイラストが描かれた、掛け紙が付いています。
●     
蛸と穴子、季節の野菜を独自に焼き上げ、タコ漁に使用する蛸壺風の陶器に、贅沢に盛り付けています。
味と陶器の容器、両方で楽しめ、旅の記念にはもってこいのお弁当です。
筆者は、数個持っていますので、内底にクッションを敷いて、ペン立てに使用しています。
●     
茜堂-ひっぱりだこ飯掛紙(表) 茜堂-ひっぱりだこ飯掛紙(裏)

上品な揉み紙の掛紙には、平成10年4月5日、明石海峡大橋開通記念の表題が、明石大橋とタコのイラストに乗っています。
●     
茜堂-ひっぱりだこ飯
茜堂-ひっぱりだこ飯
平成23年1月20日、
山陽新幹線、新神戸駅乗車、
のぞみ35号、16号、4番、E席にて、
ひっぱりだこ飯を、食す。
ひっぱりだこ飯(淡路屋)。
価格は1個980円(本体934円)、陶器製の器です。
明石の蛸漁に使う蛸壺を、モチーフに、
中身共々、とても楽しみな、お弁当です。
明石と言えば、タコと鯛、その本場のタコを巧みな味付けで、美味しく頂けるお弁当。
明石海峡は、明石市と淡路島に挟まれた、非常に狭い海峡で、その為、潮流が早く、回転し乍らぶつかる場所で、
その潮目が大規模な湧昇流れを起こし、海の深みに有る窒素やリン等、豊富な海の栄養素を、上層部に持ち上げ循環させています。
●     
明石海峡の潮流に揉まれ育った、タコは身が締まり、海の恵の豊富な栄養素を蓄えた身には、
程良い甘みが有り、引き締まった身の食感と相まって、最上級の旨みを堪能できます。



惜別の豪華寝台特急トワイライトエクスプレス=茜堂

茜堂-惜別の豪華寝台特急の駅弁
平成27年3月12日に引退した、特急寝台トワイライトエクスプレスの、専用牽引機関車を、
モチーフとした、淡路屋お得意の陶器製で、3万食限定の駅弁。
格調高い寝台列車の引退を記念して、専用機EF81 113号機の、深いグリーンの車体に、
黄色のラインが、周囲にあしらわれ、上品な格調高い長距離寝台特急を、ヘッドマーク付きで、旨くまとめあげています。

●     
お弁当の中身は、列車の発着駅である、大阪と札幌をイメージして、
大阪名物箱寿司と、北海道の海鮮寿司が一度に楽しめる様に、工夫を凝らした、お弁当に仕上げられています。
●     
茜堂-トワイライトエクスプレス駅弁
トワイライトエクスプレス弁当(淡路屋)。
価格は1両1400円(8%税込)、
陶器製、紙ケース付き。
出発地から到着地迄の、コラボ弁当。
EF81 113号機(敦賀区所属)、寝台特急トワイライトエクスプレス、専用塗色牽引機の駅弁。
●     

茜堂-トワイライトエクスプレス牽引機
DD51 1095号機(函館区所属)+DD51 1102号機(函館区所属)、寝台特急トワイライトエクスプレス牽引機、北斗星塗色、札幌駅終着。
EF81 113号機(敦賀区所属)、寝台特急トワイライトエクスプレス専用塗色牽引機、大阪駅発車。
●     

茜堂-トワイライトエクスプレス車内
明け行く北の大地、北海道、進行方向左手の車窓に広がる、大沼と雲を被った駒ヶ岳。
衣掛山一周の上り線、鳩原ループの大カーブをスルーし、B個室ツイン5号車通路から、後ろを振り帰る、敦賀駅付近。
寝台特急トワイライトエクスプレスは、平成元年から運行を開始した、大阪駅〜札幌駅駅間を結ぶ、豪華寝台特急列車でした。
●     
大阪駅発の8001列車は、青森駅迄を、敦賀地域鉄道部敦賀運転センター車両管理室所属の、EF81が担当し、
青森駅〜五稜郭駅間を、函館運輸所青函派出所所属の、ED79がヘッドマーク無しで担当。
五稜郭駅〜札幌駅迄を、函館運輸所所属のDD51が、下り列車のみ、急勾配区間である、大沼公園駅経由となる為、重連で担当していました。
●     
残念な事に、平成27年(2015年)3月12日、両駅始発で最後を迎え、廃止となりました。
車両の老朽化に加え、元々が臨時列車の扱いで有った事と、新幹線通過で青函トンネルの電圧が上がる事に伴う、機関車の確保や、
夜間に集中する、トンネル内の保守工事に、JR貨物とのやりくり等、存続の為のハードルが高すぎた様です。




解説に於いて、誤記や解釈の違いにより被られた不利益につきましては、茜堂では一切関知しないと共に、責務を負えない事をご了承願います。
また、駅弁にとって味は大切なファクターの、一つでは有りますが、駅弁の内容や味覚表現等、無視させて頂いております。
駅弁に、不味いもの無しと言う事で、個々の駅弁の評価は控えさせて頂いておりますので、ご了承願います。
また、掲載の商品価格は、購入当時の価格表示として居りますので、お買い求めの際には、現行価格をお調べ下さい。
●     
茜堂-リンクバー
茜堂-駅弁物語茜堂-鐵路趣味